一編が10ページほどの恋愛短編小説を、気持ちを込めて読んでいます。長い目で見れば、誰もが同じように精いっぱいの人生を生きて、誰かを愛したことも人生の中の華の時期であったように今日は思えます。
作成日 2020/04/12
更新日 2020/04/12
by kayoko1012

わたしのきほんについて
ご意見、ご感想などお聞かせください

▲TOPへ