「わたしのきほん」を書く時に、理想になりすぎていないか、無理をしていないかと、立ち止まって考えます。特別な「きほん」ではなくて、平凡でありふれた「きほん」が、わたしにとっての「きほん」でありたいです
作成日 2016/10/24
更新日 2016/10/24
by KAPI ∞ ken

わたしのきほんについて
ご意見、ご感想などお聞かせください

▲TOPへ