餃子をゆでる、焼く

おいしい餃子 2

文:松浦弥太郎 写真・動画: 元家健吾
文字サイズ

おいしい餃子をこしらえましょう。前編では、餃子の皮をこしらえました。後編では、餡(あん)を練り、皮で包み、ゆでて、水餃子をいただきましょう。本場中国では、餃子といえば水餃子を指すように、手作りした皮なら、水餃子がいちばんおいしいのです。今回は白菜と豚肉の餃子を紹介します。おいしい水餃子は、焼いても絶品でした。

餡を練る

材料(30コ分)

白菜…300g

豚バラ薄切り肉…200g

塩…小サジ1/2杯

黒コショー…少々

しょうが汁…大サジ2杯

サラダ油…大サジ1杯

ごま油…大サジ1杯

作り方

1 みじん切りにした白菜に塩を少々振り、軽く混ぜます。しばらく置いておくと水分が出ますので、よくしぼって水を切ります。

2 豚バラ薄切り肉を、細かく切り、庖丁でよくたたいて、ひき肉にし、ボウルに入れます。黒コショー、しょうが汁、サラダ油、ごま油、塩を順に加えて、その都度、混ぜ合わせて、粘りが出るまで、手でよく練ります。

3 ひき肉に白菜を加えて、さらに練ります。よく練ると味がよくなります。

包みます

作り方

1 皮の中心に餡をのせ、折りたたみ、水を少しだけつけて、皮の真ん中を止めます。

2 親指と人さし指で、皮の口を閉じるように押さえ、ひだを端側に折って作ります。ひだは細かいほどよいのですが、それよりも、しっかりとフタをするのがポイントです。最初は、餡の量を少なめにすると、上手に仕上げることが出来るでしょう。◎出来た餃子に打ち粉をすることをお忘れなく。

打ち粉をしっかりとまぶしてくっつかないように

ゆでます

作り方

1 鍋にたっぷりの湯を沸かし、餃子を入れます。鍋の大きさにもよりますが、多く入れ過ぎないのがコツです。餃子がくっつかないように、菜箸でかるくかきまぜます。

2 ふたたび、沸騰したところで、差し水をします。フタをして、さらに沸騰して、餃子がふくらんできたら、弱火にして5分ほどゆでます。

3 ゆで汁を切って器によそいます。餡にしょうが汁の味がしっかりついているので、タレをつけずに召し上がりください。おいしいですよ。

焼きます

ゆでた水餃子を、焼くと、おいしい焼き餃子が出来上がります。中国では、水餃子が余ったり、冷めたりした時に焼くといいます。

中火で熱したフライパンに、うすくサラダ油をひき、餃子を置いて、焦げ目をつけます。軽く焦げ目がついたら、水150ccを加えます。フタをして弱火にし、水分が無くなったら出来上がりです。なんておいしいのでしょう。

焼いた水餃子のおいしさは格別です
2015年8月27日
文:松浦弥太郎 写真・動画: 元家健吾

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

凄く美味しかったです!定番になりました。
ありがとうございます

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「たのしむ」のその他の記事

65adcaa75694abc6f8d8e6afa6840aba2773091e8e0f0c8b74913426a4bf9e00

みる お弁当

OKAPI BENTOから届く、見て楽しむお弁当日記。
Abac4712ac6e8b83595711ad2940dad54f5efbd8e72457788f123b4b8128ab22

おいしい餃子 1 2

餃子は皮から作るとこんなにおいしい。
63c105860abc6a72bf799b9863f12a9f77ac535f26e050d521bc6079e3d5d476

気のきいた 酢のもの 3

OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに、基本の酢のものについて教えていただきました。

新着記事

6eccbdaed72585bd4418d2cf839730d5770a3e51ebb72103f5e76359724743e3

夏の疲れに 温めんを 3

夏でも肌寒い日やエアコンなどで、意外とからだは冷えがち。そんなときに、体も心も温めてくれるレシピを枝元なほみさんに教わります。
10cacd07a2e8c43c5688d7b7ac3c4aa601db3e0c49d4c64590c037ec136e5561

シンプルな メロンサラダを 1

メロンをサラダ仕立てにしてみませんか。生ハムのほどよい塩けがメロンの甘みと調和して、ごくシンプルでいながら感動の味わいに。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ