ハーブを味わいましょう

ハーブの
のみもの

写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

ハーブとは、香りのある草のこと。庭がなくても、ちいさな鉢やプランターで栽培出来るので、気軽に枝葉を摘んで、料理に香りを添えることが出来ます。

かつて、ヨーロッパでは、病を治す良薬としてハーブが使われてきました。カモミールは頭痛によいとか、バジルは風邪薬になるとか、その効用はいろいろと言われています。はじめは薬として使われてきたハーブですが、今では、香りで気分をリフレッシュ、リラックスさせるものとして、活用されています。

左からローズマリー、レモングラス、レモンバーム。

フレッシュハーブがあれば

おいしい食事を楽しんだあとは、ゆったりとした時間を過ごしたい。そんなときは、ハーブティーがおすすめです。ハーブティーというと、ティーバッグやドライハーブを使うものと思いがちですが、ハーブを育てている方は、摘み取ったばかりのフレッシュハーブティーをこしらえてみましょう。新鮮なものをいただけば、ハーブティーのほんとうのおいしさが分かります。

ハーブティーの淹れ方

はじめに、陶器製かガラス製のポットを用意します。茶こしつきのポットもあるので、好みのものを選んで使いましょう。

用意したポットの中に、お好みの量のフレッシュハーブを入れ、沸騰したての湯を静かに注ぎます。そのまま3~5分ほど蒸らすと、ほんのりと黄緑がかったハーブティーが出来上がります。透明のポットを使うと、葉の動きや、湯を注いだあとの色の変化を楽しむことが出来ます。◎撮影では、レモングラスを使用しました。

甘みをトッピング

ハーブティーを、さらにおいしくいただくために。トッピングに、甘いシロップをこしらえましょう。どちらも、フレッシュハーブティーによく合いますよ。

左からハニージンジャーシロップ、レモンビネガーシロップ。

ハニージンジャーシロップ 材料(作りやすい分量)

はちみつ…200g

しょうが…100g

作り方

1 しょうがの皮を洗って、汚れをよく落とし、皮付きのまま、うすくスライスします。

2 煮沸消毒した保存容器に、はちみつとしょうがを入れ、全体をよく混ぜます。常温で保存し、2日後から使えます。

レモンビネガーシロップ 材料(作りやすい分量)

レモン(国産)…2コ

グラニュー糖…300g

酢…300cc

作り方

1 レモンは、塩少々をこすりつけてから洗い、上下のヘタを切ります。沸騰した湯で、1分ゆでます。ゆで上がったら、湯を拭き取り、スライスします。

2 煮沸消毒した保存容器に、レモン、グラニュー糖、酢を交互に入れ、全体をよく混ぜます。常温で保存し、2日後から使えます。◎レモンは、1週間を目安に取り出しましょう。

ハーブウォーターにしても

ミネラルウォーターにフレッシュハーブとレモンを入れて、冷蔵庫でキンと冷やしましょう。食卓に置いておけば、いつでも気軽に、さわやかなハーブウォーターを楽しむことが出来ます。ミネラルウォーターの透明感に、いろいろな造形のハーブがあわさって、見た目が涼やかです。◎撮影では、ローズマリーを使用しました。

夏場は炭酸水にしてもよいでしょう。

ハーブの保存

フレッシュハーブは、かるく水で湿らせたペーパータオルに包み、ビニール袋に入れてくちを閉じるか、保存容器に入れてフタをし、冷蔵庫で保存をすれば、3〜4日は保存可能です。

皆さんも、気軽にハーブののみものを楽しんでみてください。新鮮な香りが、心と身体をみずみずしくととのえてくれることでしょう。

2015年10月1日
写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
4 件のコメント

日陰のマンションなのでと、植物を育てることを放棄していますが、ハーブは育てたいって気持ちがあります。
香りの良いハーブが大好き。
ハーブティを飲んで、心地よい時間を過ごしたくなりました。
今日は爽やかな1日を心がけよう。良い1日を🍀

家の入り口にローズマリーを植えると邪気が払われますよとデザイナーさんの言葉気がついたら、ドンダケーと言うくらいローズマリーが並んでいました。邪気払われたかなー?

なんと言ってもミントが最高🍀爽やかな香りのミントを、憂うつな会議の時にそっとポケットに入れます。私のおまじないです🎵

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「すてきなこと」のその他の記事

Aa026f26b9d687f6d3fb2daf60d9a8ef965d5210eda39f4f620906418d5392bf

手縫いは 憩い

雑巾は主婦の片腕。手縫いのひとときを楽しみます。
8e66eb1d6625ea091b7bc2073b63daedb5eb555f295684dfbd24604954943eac

いちばん きれいなところ

家の中でいちばんきれいな場所。そこはお手洗い。
Fb0a0b89eda1f7c0edc0a2b7a8ddb677adf3b2d9895a7f3aad67ab6cbaff70ee

おんがくの じかん

ベルギー在住のダンサー・池田扶美代さんから届く音楽のお便り。

新着記事

29cd0d9824947c1d0271d1e55a494df750a82c781fbf2ffc63cfe849a6c1455e

あの旅の おいしさを

ロメインレタスを使ったシーザーサラダ。試作を重ねてたどり着いた、絶品ドレッシングを紹介します。
F13a2ecf7dd953fe47ff016de3df46d67c05e72b2f5ca4df05ad3f6996d39acb

ぷりぷりな エビチリ

エビのていねいな下ごしらえがおいしさのコツ。ぷりぷりでピリ辛なエビチリはいかがでしょうか。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ