OKAPI BENTOの北岡さん直伝です

きほんの
おひたし

写真・動画: 元家健吾
文字サイズ

野菜をダシに「浸す(ひたす)」だけで、かんたんに味つけが出来てしまう「おひたし」。ダシをたっぷり吸った野菜は、それだけで甘みが増し、一晩おくと、味がなじんで、おいしく仕上がります。常に淡白で、あっさりと、しかも、素材の持ち味と、ダシのうま味が調和した、口も心も喜ぶ、毎日の献立にあるとうれしい小さなおかず。そんなおひたしを、連載「みるお弁当」の北岡佳奈さんに教えていただきました。盛り付けも楽しく、おひたし名人になりたいものです。

小松菜と油揚げのおひたし

材料(作りやすい分量)

かつおぶし…ひとつかみ分

小松菜…1束

油揚げ…1枚

塩…少々

しょう油…小サジ2杯

みりん…小サジ1杯

作り方

1 かつおダシをこしらえます。水600ccを鍋に入れて中火で沸かします。沸騰したところに、かつおぶしを片手でひとつかみ分入れ、50〜60秒ほどそのまま沸かします。かつおぶしが鍋の下に沈むまで待ち、沈んだところで火を止め、ザルで漉します。ザルに残ったかつおぶしは、菜箸などで一箇所に集め、ぎゅっとしぼるとよいでしょう。 ◎ダシは、とったその日がおいしいものです。みそ汁や、炊き込みご飯などに活かして、なるべくその日中に使いきるようにしましょう。

2 大きめの鍋に水を張り、水に対して2%ほどの塩(水1リットルに対して大サジ1杯ほど)を加え、沸騰させます。小松菜の葉の部分を持ち、硬い根本部分からゆでます。冷水にとって、粗熱を取り、水気をしぼったら、食べやすい大きさに切ります。

3 油揚げは、熱湯で油抜きをして、細切りします。フライパンに油をひかずに、少し焦げ目がつくくらいまで焼きつけます。

4 かつおダシ50ccにしょう油とみりんを加え、あたためます。

5 3を、熱いまま4に加え、そのまま2を加えます。全体がなじむようにざっと混ぜたら、粗熱が取れるまで、5分おきに底から混ぜて出来上がりです。

ズッキーニの生姜風味のおひたし

あっさりさわやかな風味がおいしい

材料(作りやすい分量)

かつおぶし…ひとつかみ分

ズッキーニ…1/2本

しょうが(すりおろし)…少々

しょう油…大サジ1/2杯

みりん…大サジ1/2杯

きび砂糖…少々

作り方

1 「小松菜と油揚げのおひたし」と同じ要領で、かつおダシをこしらえます。

2 ズッキーニは、タテ半分に切り、端からうす切りします。湯を沸かし、60秒ほどサッとゆでます。ザルにあげたら、キッチンペーパーなどでかるく押さえて水気を切ります。

3 かつおダシ大さじ2・1/2杯、しょう油、みりん、きび砂糖を合わせて、少し温めておきます。

4 3にしょうがを加え、2のズッキーニを加えて冷まして出来上がります。

焼きなすとピーマンのごまおひたし

香ばしいなすとピーマンの食感が絶妙

材料(作りやすい分量)

かつおぶし…ひとつかみ分

ピーマン…4〜5コ

なす…2本

しょうが(すりおろし)…少々

うす口しょう油…小サジ1杯

しょう油…大サジ1杯

みりん…大サジ1杯

きび砂糖…ひとつまみ

炒りごま…適量

作り方

1 「小松菜と油揚げのおひたし」と同じ要領で、かつおダシをこしらえます。

2 ピーマンはタテ半分に切り、ヘタ、種、白いワタの部分を手で取り除きます。さらにタテ半分に切り、それを2〜3等分に、食べやすい大きさに切ります。

3 かつおダシ50ccを煮立てた鍋にピーマンを入れて、アルミホイルなどを落としぶたにして、弱火で5分ほど煮ます。その後、うす口しょう油を入れて、さらに弱火で5分ほど煮ます。

4 なすは、網でよく焼きます。皮が黒く焦げて実がやわらかくなったら、ラップで包み粗熱を取ります。冷めたら皮をむき、食べやすい大きさに割きます。

5 かつおダシ大サジ5杯、しょう油、みりん、きび砂糖を合わせて、少し温めます。

6 5にしょうがを加え、ピーマンと焼きなすを合わせて冷まします。

7 炒りごまを和えて出来上がりです。

2015年8月4日
写真・動画: 元家健吾

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

ズッキーニのおひたし、美味しそうなので作ってみました。しょうがとおだしがミックスしてなんとも言えない味わいです。我が家の定番にしたいと思います。ありがとうございました。ごちそうさまでした

おひたし。簡単そうで難しい。シャキンとゆでるのも鮮度も大切でした。何度も作りましたが納得できるまで挑戦します。ありがとうございました🎵

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「おさらい」のその他の記事

0ee67438cbe8ba61ee755d00a116d46be60c0fc65253ed079e79d07bc076d23b

手早く、 ていねいに

おいしいご飯を炊くために。白米のとぎ方をおさらいしましょう。
Df2b965340c7e7979e582da5d16980990d0d368316d6748066a449ccfb64602e

ワンツー ステップ

おいしいスパゲッティをいただくために、上手なゆで方についておさらいしておきましょう。
B09311e3cad4195fbf1e25f596baf9a24bd638a70f92f2bf8e5d7ad521f0dd8f

食べ方と 洗い方5

どんなふうに洗って、どんなふうに食べるのでしょうか。

新着記事

B97d14b0d2f856cd36b0dcb60d2363e2e661eb5232e8d6c31efd7c172303e8dd

ほっぺが落ちる 焼きりんご

りんごのおいしい季節です。待ちに待ったベイクドアップルを作りました。焼き立てりんごにアイスクリームをたっぷりのせていただきます。
A6e5f4c26190e03867db8b0f96f05a1610fce88829491f2d70deb2d23124e1f8

トマトと野菜の さわやかなスープ

疲れたときは無理に食べずに体にやさしい食事をおすすめします。我が家ではトマトをそのままミキサーにかけた冷たいスープが定番です。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ