基本のおかず「肉じゃが」

とびきり
おいしい

文:松浦弥太郎 写真:片山育美
文字サイズ

割り下がおいしさのこつ

肉じゃがをいただくと気持ちがほっとしますね。肉じゃがは、おかあさんの味だからでしょうか。あなたの家の肉じゃがはどんな作り方で、どんな味でしょうか。今回は、我が家の基本の肉じゃがを紹介しましょう。

肉じゃがをこしらえるうえで、ひとつ覚えておくと便利なものに、合わせ調味料の割り下があります。

割り下は、すき焼きの味つけに使う調味料ですが、肉じゃがだけではなく、お肉を煮るのに便利ですし、自分でかんたんに作れるのでぜひお試しください。

120ccの割り下をこしらえます。

材料は、みりん80cc、日本酒大サジ1杯と1/2、しょうゆ大サジ2杯です。

まず、鍋にみりんと日本酒を入れ、中火にかけます。ひと煮立ちさせてアルコールをとばし、火からおろし、よく冷ましたら、しょう油を加えて、出来上がりです。

割り下は、保存がきくので常備しておくとよいでしょう。

割り下のおかげで味つけがかんたんです

材料(4人分)

牛バラ肉、もしくは豚バラ肉…200g

じゃがいも…3コ

玉ねぎ…1コ

こんなにかんたんでおいしい

1 じゃがいもを、軽く洗ってから、皮ごと庖丁で半分に切って、ひとつひとつラップで包み、電子レンジで8分ほど加熱します。冷めてから手で皮をむき、食べやすい大きさに手で割ります。手で割ったじゃがいもは、味がしみやすく、とてもおいしいのです。   2 玉ねぎは皮を二枚むくと固い皮がなくなり、さらにおいしくなります。縦半分に切って、センイを断つように幅1センチに切ります。

3 大きめのフライパンを中火にかけ、肉と玉ねぎを炒めます。サラダ油は使いません。玉ねぎが透き通ってきたら、じゃがいもを加えます。

4 材料が混ざったら、割り下120ccを加えて強火にし、フライパンをゆらしながら煮からめます。肉とじゃがいもの表面に割り下がしみこみ、煮汁がなくなったら出来上がりです。食べるときに黒コショーを少し振りかけていただきましょう。

割り下をこしらえれば、こんなかんたんに、おいしい肉じゃがが出来上がります。今日のおかずにきっと喜ばれます。

「きほんの肉じゃが」のレシピをみる

2015年7月17日
文:松浦弥太郎 写真:片山育美

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

とびきり驚きました。とびきりおいしい。とびきりなのはそのシンプルな工程。じゃがいもを手でほぐす意味が分かりました。油をひかないのも驚きでした。時間をかけないのに味がしみています。とびきり最高です。感謝。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「うれしい」のその他の記事

54925fa0644cb57f5529ce6584f620648e3c4bb4cd5175f89906c62e3cead889

ふだんの ごちそう

玉子焼きと一対一で向き合って、楽しくおしゃべりするように料理しましょう。
D4a8c0f116bb7ef47dcc8dde03d5e00ba578676c9e9354bd863ebb70447c83ff

さっくり ふんわり

お菓子は、楽しみながらつくることが大切です。まずは、きほんのバニラクッキーから。手順をよくご覧ください。
92e7ada0512c68c216d47d6beadd6f27fd4f199c7993c56121481b1dbd36b294

おいしい あまから

OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに、基本のきんぴらについて教えていただきました。

新着記事

C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。
E1ca91475735453525dc6cc67d56639fd8c4d1c4a129969ba86ea75b8cb76b8a

ふろふきは やさしい母の味

家庭料理の定番、ふろふき大根はこんなふうに。一口食べればからだがぽかぽかとあったまります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ