目玉焼きの焼き方

サニーサイド
アップ

文・写真:松浦弥太郎 
文字サイズ

目玉焼きはかんたんです。しかし、コツを知らないとむつかしいです。何度も失敗しながら、学んで身につけた、ちょっと特別な目玉焼きの焼き方を紹介します。フライパンとフタ、ザルをご用意ください。いつもの目玉焼きが、本格サニーサイドアップに変わります。

油は少し

玉子を常温に戻しておきます。まずはサラダ油をひいたフライパンを強火で熱したら、一度、油をきります。

玉子はザルに

ボウルにザルを重ね、そのなかで玉子を静かに割り入れます。さらさらした余分な水溶性卵白が下に落ちますので、残った黄身と白身を、ゆっくりとていねいに、弱火のフライパンの中央に入れるようにします。

火を止める

玉子にかるく塩を振ります。玉子1コに対して、お湯を小サジ一杯、フライパンに入れてフタをしめたら、3秒ほど強火にして、すぐに止めます。1分くらいそのまま余熱で焼きます。すると、黄身に白い膜がかかって見た目もふっくらと仕上がります。目玉焼きは火に長くかけないことがポイントです。

焼いたベーコンやプチトマトを添えて、黒コショーをふりかけていただきましょう。半熟の黄身をくずして、焼いたレモンをしぼって食べると、驚くほどのおいしさです。

2015年7月22日
文・写真:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
4 件のコメント

サニーサイドアップ、うまくできました。あっさりしてて、とても美味しかったです❗ベーコンとフルーツも添えて、これぞアメリカ🗽のママの味ですね🎵ありがとうございました

おいしくできました。とてもうれしいです。ザルに入れるところや余熱で焼くところ、うっすら白い膜がかかるところに感動です。教えて頂きありがとうございます!感謝。

きっと松浦さんレシピの方が、美味しいのだと思うけれど、私にとっては、母が作った「油多めで、卵の縁がカリカリでコンガリ、でも黄身は半熟」が懐かしい味です。もう一度、たべたいなぁー。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なるほど」のその他の記事

F198d4922188ce5b8c70ac3868403772cbf5239760708d73eff35e63d5709bb0

みそのこと いろいろ 5

みそを今日はこんなふうに。
3ab5d7c6efafa4f768bdae6cfe4d999abeb3d1294238ad9fa04e96f0cdfc829b

おいしい レタス 3

レタスのおいしさは下ごしらえにあります。
8f6e3f35cf24a648d4507b7663f7652ecfb6428f3720e71e0961726b0809dc68

100回 とぎます 3

玄米をおいしく炊きあげるには、とぎ方にコツがありました。

新着記事

A1d297767731ab635137c25691da539bd3d60ad40e1fd943ad5d9c7b78aeabc6

えびと夏野菜の あえもの 3

土佐酢と大根おろしを合わせたみぞれ酢に、夏野菜とえびを合わせました。おいしい和ふうの前菜です。
29cd0d9824947c1d0271d1e55a494df750a82c781fbf2ffc63cfe849a6c1455e

あの旅の おいしさを 3

ロメインレタスを使ったシーザーサラダ。試作を重ねてたどり着いた、絶品ドレッシングを紹介します。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ