わたしたちのきほん

きほんのはなし2

写真:松浦弥太郎
文字サイズ

素材から住みたい場所の話

「YAECA」井出恭子(以下、井出) 「くらしのきほん」松浦弥太郎(以下、松浦)

松浦:井出さん、素材は何がお好きですか。たとえば、木とか……。鉄が好きだという方もいらっしゃいますよね。鉄のテーブルとか。土っぽいものとか。僕は、木は嫌いじゃないですけれど、じゃあ、丸太小屋に住みますかって聞かれたら、ちょっと考えますね。ここ「YAECA HOME STORE」は、天井が木で、壁は漆喰じゃないですか。全てが木というよりは、こういう風に組み合わせているものが好きなんです。

井出:わたしも、組み合わせが好きですね。確かに、木は大好きだけど、でも、なんだか、そこに鉄が入っているからいい、というような。全てが木で出来た丸太小屋の中に、木のテーブルと木の椅子が置いてあるというのは……ちょっと違う。木も好きだけれど、ガラスも好き、みたいな。素朴なものも好きだけれど、素朴なだけって難しい。それをどう捉えるかは、その日によって、だいぶ変わってきます。なんというか……、洗練もされていてほしい。触り心地も、丸みがあったりだとか、ずんぐりしているとか。そういうものは、エッジの効いた場所に置きたいんです。そういった組み合わせが好きなんだと思います。

いろいろなものが好きなのかも

松浦:いろいろな制約がなくて、好きなところに住んでいいですよと言われたら、どういう所に住みたいですか。

井出:究極(笑)。究極すぎて、一晩考えないと難しいかも……。どこだろう……。

松浦:高層マンションのようなところの一室なのか。山の中の、それこそ、丸太小屋みたいなところなのか。湖のほとりにある、別荘のような場所なのか。

井出:高台にある平屋がいいですね。

松浦:それは、街じゃなくて、田舎ですか。自然の中とか。

井出:わたし、欲張りなので、街も欲しいんですよね。さらに究極を言ったら、二軒ほしい(笑)。でも、街中だとしても、高台の一軒家に住みたいです。高層よりは低い家。でも、たぶん、それもバランスの問題ですよね。緑はもちろん好き。でも、街も好き。その混在している感じが好きなので、山にこもりますかと言われても、違う感じがしますね。

松浦:アメリカとヨーロッパだったら、どちらが好きですか。

井出:ここで扱っている家具は、全てフランス製なんです。フランスでも、50年代くらいのもので、特別な人に向けて作られたものじゃなくて、一般の人に向けてデザインされ始めた頃のものです。職人さんたちも、誇りを持って作っている。ヨーロッパのものって、機能的なんだけれど、ちょっと色気があって、すごく好きだなと思っていて。サイズ感もちょうどいいんですよね。わたし、フランスのものとか、ヨーロッパのものはすごく好きなんですけれど。だけど、住むんだったら、アメリカかなって思います。

自由な感じが好きなのかも

松浦:僕も住むならアメリカかな、って思いますね。フランスとかイギリスとか、ヨーロッパには憧れがあるんですけれど、自分がそこに所属出来るのかって考えると、なかなかイメージが出来ない。いつまでも、中に入っていけない気がして、よそ者感がある。

井出:それ、なんだか分かる気がします。ヨーロッパは、住む場所じゃなくて、行く場所って感じがする。

松浦:あと、僕が住みたいところは、アッパーウエストサイドのダコタハウス(笑)。

ダコタハウスの美しい装飾

井出:えっ!?

松浦:ニューヨークの。

井出:えっ! すごい具体的(笑)。

松浦:ニューヨークのセントラルパークのすぐ隣にあるダコタハウス。ドイツ装飾で、石の重厚な土台があって、10階の高さでね。で、中に入ると、床は木で、漆喰があって、天井は4メートル以上あって、窓の大きい、昔ながらのアパートなんです。窓から外を見ると、セントラルパークの緑がばーーっと見えて。昔、知り合いでそこに住んでいる人がいて、一回だけ遊びに行ったことがあるの。

井出:入ったことがあるんですね……!

松浦:入ったときは、ここかあ! と思いましたね。

井出:それは、もはや、空室待ちもチャレンジですね(笑)。

松浦:いわゆるニューヨークの、昔ながらの雰囲気、あの感じが好き。街の風景とのバランスとか、素材の合わさり方、環境も含めて。中には噴水があってね。東京には、なかなかああいう場所ってないですよね。いつかの夢ですよ。

井出:わたしも古いマンションが好きなんですけれど、マンション自体、なかなかないですよね。海外みたいにずっと建っているような、すごく重厚で、100年建っているようなマンションって、なかなかないですよね。憧れです。

松浦:それなら、やっぱりダコタハウスがいいですよ。どっちが先に住めるか競争しましょうよ。

井出:(笑)。

*まだまだ話は続きます。

雨の日も好きだと言う、井出恭子さん

井出恭子 いで・きょうこ

デザイナー。静岡県生まれ。2002年、アパレルブランド「YAECA」(ヤエカ)の設立に参加。2005年、ウィメンズ部門立ち上げとともにデザインも手掛ける。東京・恵比寿にYAECA直営店、中目黒にYAECA APARTMENT STORE、白金高輪にYAECA HOME STOREがある。着心地のよい、美しい日常着を提案する。

2015年7月24日
写真:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

日本にうまれて日本に住んでいて、住みたいところが日本以外の外国だという感覚が不思議です。そして、お二人ともが同じだというところが、もっと不思議で運命的なものを感じます。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なごむ」のその他の記事

240f7717b4c0d8891800d5eb6b34e49490e63fb20a7e36420ae24e28ebbb404b

きほんのはなし1 1

二人にはどんなきほんがあるのでしょうか。YAECAの井出さんと松浦弥太郎のとりとめのないお話です。
35bd855de4575e430ea58146944d951b90974b23a02fbceb45d39d501702bfe1

きほんのはなし4

二人にはどんなきほんがあるのでしょうか。YAECAの井出さんと松浦弥太郎のお話、4回目。
5fb905a22abfebbfc546917ccc8b0dfa1ad23f46cd440c5a9d7b288f9943e31f

きほんのはなし3

二人にはどんなきほんがあるのでしょうか。YAECAの井出さんと松浦弥太郎のお話、3回目。

新着記事

30324d56ce41b8464e640b281869d9dab0d4b9c6c6d10bf9e4d536d681ba5c0e

あつあつで ポカポカな 3

トマトと唐辛子のソースがおいしいペンネ・アラビアータ。ひとくち食べれば、体がポカポカにあたたまる、そんな人気のパスタ料理です。
058a4016561a1097a0d35e46c3ece687691a0b4199bdc6017046300d997fbe49

サクサクで じゅわっと 7

手でつかむようにせっせと練って、カタチをていねいに整えて、じっくりと焼くハンバーグのおいしさは、まさに家庭の味です。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ