持ち寄り料理はこんなふうに5

シンプルな
メロンサラダを

料理・植松良枝 写真・日置武晴 スタイリング・佐々木カナコ
文字サイズ

「みずみずしいメロンは、デザートだけでなくサラダにするのもおいしいですよ。生ハムのほどよい塩けがメロンの甘みと調和して、ごくシンプルでいながら感動の味わいになります」。

テーブルも気持ちも華やぐ、持ち寄りの集いにぴったりなレシピを教えてくれたのは、料理研究家の植松良枝さん。

「メロンと同じウリ科のズッキーニを組み合わせるのがポイント。ズッキーニは加熱しなくても、塩もみすると青臭さが抜けておいしくいただけます。メロンとの相性の良さをぜひ味わってくださいね」

材料(4〜6人分)

メロン(カットしたもの)… 400〜500g

生ハム(プロシュート)のスライス … 6〜8枚 

ズッキーニ(小)… 1本

[ドレッシング]玉ねぎ1/4個( およそ50g )、白ワインビネガー(なければ酢)大さじ3、オリーブオイル大さじ2、塩小さじ1/3、粗びき黒こしょう小さじ1/2、はちみつ小さじ1/2〜2/3

作り方

1 ズッキーニは縞目に皮をむき、一口大の乱切りにします。

ところどころ皮を残すことで味のなじみがよくなり、
鮮やかなグリーンが彩りにもなります。

2 ズッキーニをボールに入れ、塩少々をふってかるくもみます。

ズッキーニを塩もみすると青臭さが抜け、
なすのようなシャクシャクとした食感に。

3 玉ねぎはすりおろし、ほかのドレッシングの材料とともに清潔な小びんに入れ、ふたを閉めて全体がなじむまでよく振ります。

玉ねぎのほのかな辛みが全体の味の引き締め役に。

4 メロンとズッキーニを保存容器に入れ、生ハムはラップで包んで別にし、ドレッシングとともに持って行きます。

持って行くときはこんなふうに。
気温が高い日は保冷剤を添えて。

5 メロンとズッキーニの上に生ハムをバランスよくのせ、ドレッシングをもう一度よく振ってから全体に回しかけてできあがり。

あっという間にできるのも魅力です。

文・編集部

2019年7月10日
料理・植松良枝 写真・日置武晴 スタイリング・佐々木カナコ

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

大好きなズッキーニを、加熱しないでいただけるなんて、びっくり‼ そして、嬉しいです^^ 作ってみたいです。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「すてきなこと」のその他の記事

Aa026f26b9d687f6d3fb2daf60d9a8ef965d5210eda39f4f620906418d5392bf

手縫いは 憩い 4

雑巾は主婦の片腕。手縫いのひとときを楽しみます。
8e66eb1d6625ea091b7bc2073b63daedb5eb555f295684dfbd24604954943eac

いちばん きれいなところ 3

家の中でいちばんきれいな場所。そこはお手洗い。
F541d92964217c7aa848b6f0e7c96b7ff1704667df3bd228cf87d48fdb2cbf59

ハーブの のみもの 6

ハーブを気軽に取り入れてみましょう。湯を注ぐだけで、おいしいハーブティーが出来上がります。

新着記事

6eccbdaed72585bd4418d2cf839730d5770a3e51ebb72103f5e76359724743e3

夏の疲れに 温めんを 3

夏でも肌寒い日やエアコンなどで、意外とからだは冷えがち。そんなときに、体も心も温めてくれるレシピを枝元なほみさんに教わります。
10cacd07a2e8c43c5688d7b7ac3c4aa601db3e0c49d4c64590c037ec136e5561

シンプルな メロンサラダを 1

メロンをサラダ仕立てにしてみませんか。生ハムのほどよい塩けがメロンの甘みと調和して、ごくシンプルでいながら感動の味わいに。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ