裁縫のきほん3

スナップボタン
コツと方法

監修・石川ゆみ 写真・動画:広瀬貴子 文・晴山香織
文字サイズ

凸凹のパーツを指で押し留めるつくりのスナップボタン。生地にボタンホールを開ける必要がないので、手軽に取り付けられます。表地と裏地を往復するだけではなく、途中で糸の輪に通すという方法を、布作家の石川ゆみさんに教わりました。ひと手間ですが、このちょっとしたコツがあることで、よりしっかりと縫い付けられ、美しい仕上がりになります。改めて縫い付け方をおさらいしましょう。

スナップボタンの付け方は
こんなふうに

1 表裏をしっかり確認

パーツの表裏を確認しましょう。縫い付ける生地に上下がある場合は、上に重なる生地に凸を、下になる生地に凹を縫い付けます。まずはチャコペンで縫い付ける中心に印をつけます。

2 表から針を通す

印をつけた中心に表から針を通し、少し離れた位置に針を出すと、玉結びがボタンに隠れてきれいに仕上がります。次にボタンの穴の一つに下から針を通します。

3 位置を調整する

玉結びがボタンの中心にくるように、位置を調整します。ずれないよう、しっかり押さえながら作業しましょう。まち針で固定すれば、より安定します。

4 軸にくぐらせながら縫い付ける

穴から出た針を縁に通し、最初に通した穴から出します。糸を途中まで引いたら、残っている糸の輪を整えます。輪の右から左に向かって針を通し、糸をしっかり引きましょう。一つの穴に対してこれを3〜4回繰り返します。

5 玉止めをする

すべての穴を縫い終わったら、針を表に出し、玉止めをします。

6 反対側で糸を切る

ボタンと生地の間に針を通し、反対側の縁で糸を切ります。玉止めがボタンの陰に隠れます。

7 完成

凹のボタンも同じように縫って完成です。スカートやパンツのウエストによく使われるかぎホックも、同じ縫い付け方でできます。

4で糸の輪に針を通すのがコツです。きちんとボタンが固定され、見た目もきれいに仕上がります。スナップボタンは付け外しに力がかかるもの。小さな手間を大切に、しっかり縫い付けるようにしましょう。

2019年5月24日
監修・石川ゆみ 写真・動画:広瀬貴子 文・晴山香織

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「たしかめる」のその他の記事

Ff41a07f666b8554361173878a620d55758ada1b60e4da0be488e184174ea304

うきうき わくわく 1

お菓子を作ってみようかなと思っている人へ。
Edd4a4c726785afc8189064bb093204ca8a23f26a50ac1b54eaf1b57faacc311

毎日掃除で 洗剤いらず 2

浴室の掃除の仕方をおさらいしましょう。
850d90bad6c122b31208085fac12e3f869b402b6e39d8d2512789fb76bdb6f94

小そうじの すすめ 3

役に立つ小そうじチェックリストがあれば安心です。

新着記事

6eccbdaed72585bd4418d2cf839730d5770a3e51ebb72103f5e76359724743e3

夏の疲れに 温めんを 3

夏でも肌寒い日やエアコンなどで、意外とからだは冷えがち。そんなときに、体も心も温めてくれるレシピを枝元なほみさんに教わります。
10cacd07a2e8c43c5688d7b7ac3c4aa601db3e0c49d4c64590c037ec136e5561

シンプルな メロンサラダを 1

メロンをサラダ仕立てにしてみませんか。生ハムのほどよい塩けがメロンの甘みと調和して、ごくシンプルでいながら感動の味わいに。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ