冷たいトマトスープはこんなふうに

トマトと野菜の
さわやかなスープ

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

お疲れのとき、無理してお肉といった栄養価の高い料理をたくさん食べがちですが、それよりもまずはゆっくり体を休めることが大切です。体が疲れているときはお腹も疲れています。そんなときこそ、やさしい味のスープはいかがでしょうか。我が家では、トマトをそのままミキサーにかけてスープを作ります。お好みの野菜を小さく刻んでトッピング。暑い夏にこそおすすめします。

材料(4人分)

完熟トマト…600g

パン(カンパーニュなど)…30g

にんにく(みじん切り)…3g(1/2片)

オリーブオイル…20g

ミニトマト…20cc

きゅうり…180g(1/2本)

赤たまねぎ…70g(1/4コ)

黄パプリカ…140g(1/2コ)

バジル…12g

赤ワインビネガー…適量

塩…3g

黒コショー…適量

赤いトマトスープに、色鮮やかな野菜をトッピングしていただく、目にもやさしい一皿です。

作り方

1 パンを小さくちぎって一日ほど乾燥させておきます。そのパンを水に浸し、しっかり絞ってミキサーに入れ、みじん切りしたにんにくと一緒に回します。

パンは皮も含めて3センチほどの大きさにちぎってください。

2 トマトのヘタを取り、小さく6コに切り分け、パンを回したミキサーに足し、さらにしっかりと回します。

トマトは種をとらずにすべてをミキサーにかけますので栄養満点です。

3 スープ状になったトマトをボウルに移し、オリーブオイルと塩を加え、よく混ぜ合わせたら冷蔵庫で冷やします。

トッピングの野菜はお好みを選んでください。りんごやオレンジなどでもおいしいでしょう。

4 ミニトマト、きゅうり、パプリカ、赤玉ねぎ、バジルをこまかく刻み、器に盛りつけたスープにトッピングします。最後に赤ワインビネガーをほんの少し垂らしたら出来上がりです。

スープは冷たいのがおいしいのですが、湯煎してあたためてもよいでしょう。体調に合わせて調整してください。
2018年8月13日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
3 件のコメント

きゅんときました!作ります!

真っ赤なトマトが、やさしいお色のスープになるのですね♪。トッピングがまた美しくて、きゅんとします。きっとやさしいお味ですね。わくわくしてきました♪。レシピをありがとうございます♡

わたしがいつも作る、トマトスープとは違う、さわやかなトマトと野菜のスープ。
身体にもとても優しそう^^ 是非作ってみたいです。
弥太郎さん、レシピありがとうございます*^^*

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「バランス」のその他の記事

80ce6cd86a60d8561a326abccfd26003c0a26e8e2e3a8aa7a8c1befaf3f183bb

フルーツの 朝ごはん

レモンをたっぷり絞ってかけるフルーツボウルは、栄養満点でうれしい朝ごはん。

新着記事

A6e5f4c26190e03867db8b0f96f05a1610fce88829491f2d70deb2d23124e1f8

トマトと野菜の さわやかなスープ

疲れたときは無理に食べずに体にやさしい食事をおすすめします。我が家ではトマトをそのままミキサーにかけた冷たいスープが定番です。
61aa5b82f775ac9f3ca1ecce80f6ec6650151bb8a13a0c4471b16985b36e64fd

とびきり ツナサンド

いつものツナサンドをもっとおいしく。作り置きにもなるツナペーストです。たっぷり作って楽しみましょう。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ