ポークシチューはこんなふうに

やさしい味の
ポークシチュー

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

先日、知人宅でおいしいポークシチューをごちそうになり、レシピを教えていただきました。早速作ってみたら失敗せず、とってもおいしく出来ましたので紹介します。野菜を細かくみじん切りして、オリーブ油でじっくりと炒めたものを「ソフリット」と言い、これがうまみとなって、やさしい味わいのシチューとなるそうです。

豚肉の代わりに、牛肩肉を使えばビーフシチューになります。赤ワインとトマトを一対一の量で煮込むのがポイントです。

材料(4人分)

豚バラ肉(かたまり)…700g

にんじん…1/2コ

玉ねぎ…1/2コ

セロリ…1/2コ

赤ワイン…400cc

トマト水煮缶…400cc

オリーブ油…大サジ1杯

薄力粉…適量

水…200cc

サラダ油…適量

塩…適量

黒コショー…適量

イタリアンパセリ…適量

たまねぎ、セロリ、にんじんを細かくみじん切りするのがポイント。時間が無い時はフードプロセッサーで細かくするのもよいでしょう。

作り方

1 玉ねぎ、セロリ、にんじんを、細かくみじん切りにします。

ぽろぽろになるまで、野菜をヘラで混ぜながらじっくり炒めます。

2 みじん切りした野菜を、オリーブオイルで、水分がでなくなるまで、深めの鍋で15分ほど弱火で炒めます。

豚肉に塩コショーして、よくもみこんだら、少し置いておきます。
野菜を炒めている横で、薄力粉にまぶした豚肉を焼きましょう。

3 豚肉を3〜4センチ角に切り分け、塩と黒コショーをふりかけて、よくもみこみます。

豚肉は表面に焼き色をつけてカリッと仕上げます。

4 豚肉の水分をキッチンペーパーでよく拭き、薄力粉を全体にまぶします。中火のフライパンにサラダ油を入れ、表面を焼きます。

赤ワインを加えて、まずは一煮立ちさせて、アルコール分を飛ばしましょう。

5 焼いた豚肉を炒めた野菜の鍋に入れ、赤ワインを加えて、中火で煮込みます。

トマトピューレを加えたら、じっくりと煮込んでいきます。

6 赤ワインのアルコール分が飛び、全体がとろっとしたら、トマトの水煮と水を加え、強火で一煮立ちさせます。

7 火を弱火にして、30分ほど煮込んだら出来上がりです。刻んだイタリアンパセリをのせてお召し上がりください。

おいしいポークシチューが出来ました。一晩寝かせるとさらに味にコクがでておいしくなります。
2018年3月19日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

ずっと気になっていたレシピ、やっと作りました。おいしかったです。みじん切りの野菜がいい仕事しています。わが家はすぐ食べてしまいましたが、一晩寝かせるときっと2日目のカレーのようにコクがでることでしょう。レシピをありがとうございました。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「たのしむ」のその他の記事

65adcaa75694abc6f8d8e6afa6840aba2773091e8e0f0c8b74913426a4bf9e00

みる お弁当

OKAPI BENTOから届く、見て楽しむお弁当日記。
B4079f072f235c91e289207eee9f52e6a65eedcd9307c95548e3fff877a8ca55

おいしい餃子 2

餡を包んで、ゆでます。余ったら焼きます。
Abac4712ac6e8b83595711ad2940dad54f5efbd8e72457788f123b4b8128ab22

おいしい餃子 1

餃子は皮から作るとこんなにおいしい。

新着記事

61aa5b82f775ac9f3ca1ecce80f6ec6650151bb8a13a0c4471b16985b36e64fd

とびきり ツナサンド

いつものツナサンドをもっとおいしく。作り置きにもなるツナペーストです。たっぷり作って楽しみましょう。
2e3ef30a0e89103e2abbbd6095ddccfed69dd6c541db42c5ba69b220fa2db7da

そら豆は こんなふうに

待ってました。初夏だけのごちそう、そら豆のマッシュ。そのままでも、パンにのせたり、サラダや、ローストしたお肉に添えてお楽しみください。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ