アップルクランチ・グラノーラはこんなふうに

りんごとはちみつ
冬のグラノーラ

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

大好きなグラノーラですから、新しい味をいつも探しています。りんごと合わせてみたらどうだろう。そんな思いつきで試作を繰り返しました。りんごといえばはちみつ。すりおろしりんごと、はちみつをじっくり煮込んで、オーツ麦にからめて焼いてみると大正解。りんごの繊維がサクサクの食感となり、はちみつがおいしさのアクセントに。アーモンドとの相性も抜群です。アップルクランチ・グラノーラの完成です。

10分おきにオーブンから取り出して、全体をかきまぜるのを繰り返すのがコツ。お子様から大人まで、おやつにも朝食にもなる冬のグラノーラ。お試しあれ。

材料(作りやすい量)

りんご…1コ

りんご…1コ(ドライアップル用)

*ドライアップルの作り方はこちら。

はちみつ…60g

ココナッツオイル…90g

オーツ麦…300g

ローストアーモンド…100g

塩…1g

今回は、ドライアップル用に1コ、グラノーラ用で1コで、合わせて2コつかいました。

作り方

1 りんごを切り分け、皮をむき、すりおろします。すりおろしたりんご、はちみつ、ココナッツオイルをフライパンに入れ、火にかけます。沸いたら弱火にして、2/3量になるまで、ヘラで混ぜながら10分ほど煮込みます。

りんごを煮込むと甘い香りが広がります。お好みでシナモンを加えてもいいですね。

2 次に、塩を加えて、オーツ麦を入れ、よく混ぜたら火を止めます。アーモンドを加え、ざっくりと混ぜ合わせます。

食物繊維が豊富なりんごはオーツ麦と相性よしです。

3 クッキングシートをしいたオーブンプレートに、りんごなどを混ぜたオーツ麦を敷きつめて、170度のオーブンで15分焼きます。

4 オーブンから取り出し、全体をかきまぜてから、さらに10分焼き、160度に温度を下げて、10分焼き、かきまぜて、もう一度10分焼きます。合計45分焼きます。

グラノーラをまんべんなく焼くために、10分焼いて、かきまぜる、を繰り返します。

5 そのままの状態でよく冷ましたら出来上がり。しっかり冷ますことで水分が抜けてサクサクの食感になります。今回はドライアップルをトッピングしました。ミルクやヨーグルト、アイスクリームなどと一緒にお召し上がりください。

すりおろしたりんごがグラノーラと一緒に焼くことで、こんなにサクサクに。
2018年1月8日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

お部屋が、香ばしくて甘い香りいっぱいになります。そのまま食べるのがおいしくて好きです。ゆっくり味わうと、リンゴがじんわり♡。ほんとうにしあわせレシピです。ありがとうございました!感謝。

おいしいりんごをいただいたので、アップルクランチ、グラノーラに挑戦しました。ほんのり甘くてアーモンドがカリッコリッ、甘酸っぱいりんごに大満足です。おいしいレシピ、ありがとうございました。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「たのしむ」のその他の記事

65adcaa75694abc6f8d8e6afa6840aba2773091e8e0f0c8b74913426a4bf9e00

みる お弁当

OKAPI BENTOから届く、見て楽しむお弁当日記。
B4079f072f235c91e289207eee9f52e6a65eedcd9307c95548e3fff877a8ca55

おいしい餃子 2

餡を包んで、ゆでます。余ったら焼きます。
Abac4712ac6e8b83595711ad2940dad54f5efbd8e72457788f123b4b8128ab22

おいしい餃子 1

餃子は皮から作るとこんなにおいしい。

新着記事

A6e5f4c26190e03867db8b0f96f05a1610fce88829491f2d70deb2d23124e1f8

トマトと野菜の さわやかなスープ

疲れたときは無理に食べずに体にやさしい食事をおすすめします。我が家ではトマトをそのままミキサーにかけた冷たいスープが定番です。
61aa5b82f775ac9f3ca1ecce80f6ec6650151bb8a13a0c4471b16985b36e64fd

とびきり ツナサンド

いつものツナサンドをもっとおいしく。作り置きにもなるツナペーストです。たっぷり作って楽しみましょう。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ