アップルクランチ・グラノーラはこんなふうに

りんごとはちみつ
冬のグラノーラ

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

大好きなグラノーラですから、新しい味をいつも探しています。りんごと合わせてみたらどうだろう。そんな思いつきで試作を繰り返しました。りんごといえばはちみつ。すりおろしりんごと、はちみつをじっくり煮込んで、オーツ麦にからめて焼いてみると大正解。りんごの繊維がサクサクの食感となり、はちみつがおいしさのアクセントに。アーモンドとの相性も抜群です。アップルクランチ・グラノーラの完成です。

10分おきにオーブンから取り出して、全体をかきまぜるのを繰り返すのがコツ。お子様から大人まで、おやつにも朝食にもなる冬のグラノーラ。お試しあれ。

材料(作りやすい量)

りんご…1コ

りんご…1コ(ドライアップル用)

*ドライアップルの作り方はこちら。

はちみつ…60g

ココナッツオイル…90g

オーツ麦…300g

ローストアーモンド…100g

塩…1g

今回は、ドライアップル用に1コ、グラノーラ用で1コで、合わせて2コつかいました。

作り方

1 りんごを切り分け、皮をむき、すりおろします。すりおろしたりんご、はちみつ、ココナッツオイルをフライパンに入れ、火にかけます。沸いたら弱火にして、2/3量になるまで、ヘラで混ぜながら10分ほど煮込みます。

りんごを煮込むと甘い香りが広がります。お好みでシナモンを加えてもいいですね。

2 次に、塩を加えて、オーツ麦を入れ、よく混ぜたら火を止めます。アーモンドを加え、ざっくりと混ぜ合わせます。

食物繊維が豊富なりんごはオーツ麦と相性よしです。

3 クッキングシートをしいたオーブンプレートに、りんごなどを混ぜたオーツ麦を敷きつめて、170度のオーブンで15分焼きます。

4 オーブンから取り出し、全体をかきまぜてから、さらに10分焼き、160度に温度を下げて、10分焼き、かきまぜて、もう一度10分焼きます。合計45分焼きます。

グラノーラをまんべんなく焼くために、10分焼いて、かきまぜる、を繰り返します。

5 そのままの状態でよく冷ましたら出来上がり。しっかり冷ますことで水分が抜けてサクサクの食感になります。今回はドライアップルをトッピングしました。ミルクやヨーグルト、アイスクリームなどと一緒にお召し上がりください。

すりおろしたりんごがグラノーラと一緒に焼くことで、こんなにサクサクに。
2018年1月8日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

お部屋が、香ばしくて甘い香りいっぱいになります。そのまま食べるのがおいしくて好きです。ゆっくり味わうと、リンゴがじんわり♡。ほんとうにしあわせレシピです。ありがとうございました!感謝。

おいしいりんごをいただいたので、アップルクランチ、グラノーラに挑戦しました。ほんのり甘くてアーモンドがカリッコリッ、甘酸っぱいりんごに大満足です。おいしいレシピ、ありがとうございました。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「おりおり」のその他の記事

723816784254ea6604fc7c5b658a3f4d80a27add863a4cc6a77e55127070f3a7

大好きな あの方へ

大切な人に伝えたい想いを手紙にのせてみませんか。
Ee2750bd8bf576d4f1431b19127bb5504fed77d2a4b27309855f3d4415c81ea2

お待ちかねの さわやかご飯

みょうがと大葉がさわやか。しょう油で焼いた、とうもろこしをご飯にたっぷりのせていただきます。
0a36e58c41ab3433e130f921daafd508fec32c41ddac2f2fc2e9886518aa42b2

さわやかな あまから

青シソの実のさわやかな味が、口の中ではじける、みょうがのつくだにです。

新着記事

47c4c3d3387ebcc0d04609b9032da7eed522dec864886ab79b0c3b95345fda86

りんごとはちみつ 冬のグラノーラ

りんごとはちみつを混ぜて焼いた、冬のグラノーラはいかがでしょうか。グラノーラ研究は続きます。
B94a4b40f2278350d7fbc0b3478ed880ddad1022d30cff3ecb544786ddcf2a79

野菜たっぷり ポパイカレー

野菜をたっぷり使った、ほうれん草のカレーはいかがでしょうか。たまねぎをじっくり炒めてコクを出すのがコツ。栄養満点、ヘルシーなカレーでからだをいたわりましょう。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ