豆腐ステーキはこんなふうに

ねぎたっぷり
豆腐のしょうゆ焼き

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

今夜は何を作ろうかと悩んだら、豆腐のしょうゆ焼きはいかがでしょうか。水切りした豆腐に小麦粉をまぶして、しゅうゆをからめて焼く、かんたんでおいしい家庭料理です。黒コショーをたっぷりふって、一味とうがらしを足して焼く、ぴりからな味つけが我が家流。絶品です。ごはんに載せて食べても最高。ぜひお試しください。

材料(2人分)

木綿豆腐…1丁

ねぎ…1本

小麦粉…適量

黒コショー…適量

サラダ油…適量

一味とうがらし…適量

しょうゆ…大サジ1と1/2 杯

ごま油…大サジ1杯

酒…大さじ2杯

食材は木綿豆腐とねぎのみ。シンプルな料理こそていねいに作ります。

作り方

1 木綿豆腐を数枚のキッチンペーパーで包み、10分ほど、お皿などを重しにして、しっかり水切りをします。ねぎは薄く斜め切りします。

豆腐をしっかり水切りするのが秘訣です。

2 水切りした木綿豆腐を横にして置き、縦半分に切ってから、半分の厚みに切り分けます。

たっぷりがおすすめですが、黒コショーはお好みの量で調整してください。

3 豆腐に小麦粉を薄くまぶして、片面に黒コショーをふります。一味とうがらし、しょうゆ、ごま油、酒を合わせておきます。

4 中火のフライパンにサラダ油を入れ、黒コショーをふった面を下にして、焼き色がつくまで焼きます。

5 片面が焼けた豆腐を裏返したら、合わせておいた調味料を加え、全体によくからめるように、5分ほど中火で焼きます。

残ったタレでさっと炒めたねぎは、そのままでもおいしい一品です。

6 焼けた豆腐をフライパンから取り出し、ねぎを入れ、残ったタレと一緒に、しんなりするまで炒めます。

7 器にねぎと豆腐を盛りつけたら、出来上がりです。

お好みで、かつお節を振りかけてもおいしく召し上がれます。
2017年10月30日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
5 件のコメント

豆腐の醤油焼。ダイエット女子の多い我が家では、定番のレシピです。ピリ辛がおいしくて、やみつきになる美味しさです。ごちそうさまでした

大変美味しく作れました。私は豆腐をもっと細かく切って、そばと一緒に頂きました。とても相性が良かったです。美味しいレシピをありがとうございました。

とても簡単なのに、しっかりしたお味で、たっぷりねぎとも相性抜群でした。ねぎだけでも美味しい一品ですね。また作りたいです。次回はかつお節もふりかけていただきたいと思います。弥太郎さん、美味しいレシピありがとうございました。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「おさらい」のその他の記事

0ee67438cbe8ba61ee755d00a116d46be60c0fc65253ed079e79d07bc076d23b

手早く、 ていねいに

おいしいご飯を炊くために。白米のとぎ方をおさらいしましょう。
Df2b965340c7e7979e582da5d16980990d0d368316d6748066a449ccfb64602e

ワンツー ステップ

おいしいスパゲッティをいただくために、上手なゆで方についておさらいしておきましょう。
7631c8e4a0e0b98724a1113ef0617afa2a53e30483cd4efecd4bb675abb8e104

きほんの おひたし

おいしいおひたしが、こしらえられたらうれしいですね。OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに教えていただきました。

新着記事

B97d14b0d2f856cd36b0dcb60d2363e2e661eb5232e8d6c31efd7c172303e8dd

ほっぺが落ちる 焼きりんご

りんごのおいしい季節です。待ちに待ったベイクドアップルを作りました。焼き立てりんごにアイスクリームをたっぷりのせていただきます。
A6e5f4c26190e03867db8b0f96f05a1610fce88829491f2d70deb2d23124e1f8

トマトと野菜の さわやかなスープ

疲れたときは無理に食べずに体にやさしい食事をおすすめします。我が家ではトマトをそのままミキサーにかけた冷たいスープが定番です。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ