ごぼうサラダはこんなふうに

レモン風味の
ごぼうサラダ

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

ちょっとあるとうれしい、おそうざいのごぼうサラダ。ごぼうサラダはいろいろな作り方がありますが、今回は、さっと炒めて、マスタードとレモンで味つけした、あっさり味のごぼうサラダを紹介します。隠し味は、調味料として使うマヨネーズ。いつもの献立の副菜に、または作り置きしてお弁当のおかずにもうれしい一品です。ぜひおためしください。

材料(2人分)

ごぼう…1本

イタリアンパセリ…1g(葉)

レモンピール…レモン1/4コ分

レモン汁…小サジ1杯

にんにく…1/4コ

マヨネーズ…小サジ2杯

粒マスタード…小サジ1杯

オリーブ油…小さじ2杯

塩…2つまみ

食物繊維が豊富で、栄養満点なごぼうを、あっさりしたサラダにしていただきましょう。

作り方

1 庖丁の背を使い、ごぼうの皮をこそぎ取ります。

ごぼうは10分ほど水につけておきましょう。

2 ごぼうは斜めにうす切りし、ボウルに入れた水につけておきます。

レモンの皮を、細くていねいに、せん切りします。

3 レモンの皮を薄くそいで、せん切りし、レモンピールを作ります。イタリアンパセリの葉をせん切りします。

4 にんにくをみじん切りしたら、庖丁を当てて、つぶします。

5 水につけておいたごぼうを、さっと30秒ほど茹でてアク抜きします。

6 フライパンにオリーブ油を入れ、弱火でにんにくを炒めます。粒マスタードを加え、軽く混ぜ合わせたら、マヨネーズと塩を加えて、さらに弱火で混ぜ合わせます。(少し油がはねますのでご注意ください)

水分を飛ばしながら、ごぼうを香ばしく炒めます。

7 ごぼうを入れて、弱めの中火で3分ほど炒め、水分が飛んだらボウルに移します。

あたたかいうちにレモンを加えると、レモンの酸味がしっかり残ります。

8 あたたかいうちにレモン汁を入れ、レモンピールを加え、混ぜ合わせます。

9 ごぼうが冷めたら、イタリアンパセリを加えて、混ぜ合わせたら出来上がりです。

しっかり冷ましてからイタリアンパセリを混ぜ合わせるのがコツです。
2017年10月23日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
9 件のコメント

早速作ってみたくて、国産無農薬レモンをみつけたのでゴボウも買って来て、いざ開始。冷蔵庫に確かあったと思っていた粒マスタードが見当たらず、とっさに柚子胡椒を代用しました。これもまたなかなかでした(笑)
次回は材料を確認してから作ります。

色鮮やかな見た目の美しさに、何度も何度も画像や動画を拝見していました。今夜ようやく作りいただきました。ごぼうと粒マスタードとレモンの組合せが、とてもさっぱり、くせになる美味しさ。弥太郎さん、素敵なレシピありがとうございました。

レモンピールとマスタードの味でとてもおいしかったです。数日おいても味が馴染んでおいしかったです。次回はごぼうを茹で過ぎないようにして作りたいです。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なるほど」のその他の記事

F198d4922188ce5b8c70ac3868403772cbf5239760708d73eff35e63d5709bb0

みそのこと いろいろ

みそを今日はこんなふうに。
3ab5d7c6efafa4f768bdae6cfe4d999abeb3d1294238ad9fa04e96f0cdfc829b

おいしい レタス

レタスのおいしさは下ごしらえにあります。
33dd7863645d2259e607444050a0d2153c1e5e122a712abfe57814c177868831

引き継いだ 母のレシピ

作りおきの定番マカロニサラダの絶品レシピを紹介します。普段のおかずにも、お弁当にも嬉しい自慢の味です。

新着記事

2e3ef30a0e89103e2abbbd6095ddccfed69dd6c541db42c5ba69b220fa2db7da

そら豆は こんなふうに

待ってました。初夏だけのごちそう、そら豆のマッシュ。そのままでも、パンにのせたり、サラダや、ローストしたお肉に添えてお楽しみください。
273ef5c13d93acf02a2aab66351e0e75e95ad5d7bd9de8041abda87515602d05

夏のごちそう スイカサラダ

スイカの季節がやってきました。スイカを使ったさわやかなサラダを紹介しましょう。とってもかんたんでさっと作れる一皿。おもてなしにも喜ばれます。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ