サフランスープはこんなふうに

野菜たっぷり
サフランスープ

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

残りもの野菜の悩みは尽きません。きれいに使い切れたらうれしいのですが、じゃがいもや玉ねぎ、にんじんなど、どうしても余りがちで古くなってしまいます。そんな時にぴったりの料理が、わが家の定番、野菜たっぷりサフランスープです。

スープのベースさえ覚えてしまえば、具材はどんな野菜でもオーケーです。しいていえば、イモ類、ねぎ類、根菜類、ハーブ類がバランスよく揃うと、言うことなしのおいしさです。じゃがいもの代わりに、かぼちゃやさつまいもでもよし。玉ねぎの代わりに、長ネギでもよし。にんじんの代わりにこぼうでもよし。ハーブはどんなものでも大丈夫。同じ大きさに切り揃えるのがルールです。かつおダシのパックを二回に分けて使うのがおいしさのポイントです。

材料(6人分)

じゃがいも…2コ

大根…1/4コ

にんじん…2本

たまねぎ…3コ(赤たまねぎを1コ混ぜました)

バジル…適量

にんにく…3片

しょうが…1/2 片

ローリエ…4枚

鷹の爪…1本(半分に切って種を取る)

サフランパウダー…0.2g

塩…6g

かつおダシパック…3袋

水…1000cc

残っていた野菜を取り出してみました。古いものからスープの具材に選んでいきます。

作り方

同じ大きさに切りそろえて、鍋に直接どんどん入れていきます。サラダのようです。

1 大根、たまねぎ、にんじん、じゃがいもを、すべて1センチ角に切ります。大根は葉も刻んで使います。バジル、にんにく、しょうがはみじん切りします。

サフランを入れました。このくらいの量です。サフランとかつおダシの相性はとてもいいのです。

2 大きめの鍋に具材をすべて入れ、ダシパックを2袋、サフラン、塩を加えます。水を入れて、全体をざっくりと混ぜ合わせます。

すべての材料が鍋に入りました。これからフタをしてじっくり煮込みます。野菜たっぷりヘルシーです。

3 フタをして中火であたためます。沸騰したら弱火にして、1時間ほど煮込みます。

4 1時間経ったら、ダシパックを取り出し、さらにもう1パックを加え、30分ほど弱火で煮込みます。

5 ダシパックを取り除き、黒コショー(分量外)で味を整えたら、出来上がりです。

サフランの色がきれいですね。二日目は味が落ち着いてさらにおいしくなります。
2017年8月28日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
3 件のコメント

サフラン。花のめしべを食に取り入れるという発想といい、それが何千年も継承されていることといい、なんだか奇跡のよう。 ヒトがサフランを利用しているのか、はたまた利用されているのか…そんな事を考えながら味わってみたい一品です。

スープは「御汁を飲むもの」という思い込みがありました。なので具を薄く切って入れたり、クリーム状にしたりばかりで。具は同じ大きさに切る。たっぷりでいい。もうサイドメニューではなく主菜でもOKかもですね!作ってみる気満々です。

どんな野菜でも作れるのですね。これはとてもうれしいですね。お味が楽しみです♪

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「ありがとう」のその他の記事

F0c2f682e074e5c178615875c42d6e2cd5a3cb83892a3471284c25103fb1499d

手紙を 書くように

元気のない方を励ましたい時に、料理というのは、とてもすてきな贈りもの。
D75367c11f271bf028e3c3358a6a388a83d91270a21d73bdb7952bd41f2585a3

もてなしの お手前

おいしいお茶の淹れ方をおさらいしてみましょう。
590b74ec2bed39ac7f37e7412075ee132232c86bc935e42257607d3dd8b12fa5

おめかしして お参りします

8月15日はご精霊棚の飾り付け、お墓参り、お花作りを。

新着記事

89560f616a3737bfd8e8c512c8d433f84bf1a60c895d4fc8a89e6531793a3b94

かにたっぷり ごほうびライス

おいしいものに出会ったら、どうしても自分で作ってみたくなるのです。こんなにおいしいガーリックライスははじめてです。
D77fbf8f042d7a0d3d1df2e52b903859ea85da54ea7b75013f1a0c10e6817af6

あまいミルクと バターがおいしい

今日のおやつにラスクはいかがでしょうか。素朴で懐かしい甘い母の味です。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ