トマトとモッツァレラチーズのカッペリーニ

さっぱり味の
冷やしイタリアン

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

冷たい麺料理がおいしい季節になりました。日本に、ざる蕎麦やそうめん、冷やし中華があるように、イタリアにもカッペリーニという冷たい麺料理があります。茹でてから冷した極細のパスタと、生野菜やチーズといったお好みの具を、オリーブオイルで和えていただきます。時間もかからず、いざという時にさっと作れるのも嬉しいですね。定番のトマトとモッツァレラチーズのカッペリーニを紹介します。

具材を作り置きしておけば、パスタを茹でるだけでとても簡単。パスタは柔らかめに茹でるのがポイントです。オリーブオイルはお好みのものをお選びください。

材料(2人分)

カッペリーニ…80g

ミニトマト…18コ

エキストラヴァージンオリーブオイル…40g

バルサミコ…7g

レモン汁…20g

モッツァレラチーズ…120g

バジル… 5枚

にんにく…1/4片

自然塩…3g

 食欲のない時におすすめの、あっさり味のカッペリーニをぜひお試しください。

作り方

今回はミニトマトを使いましたが、皮を湯むきしたトマトを細かく切ったのを使っても大変おいしいです

1 よく洗ったミニトマトを縦1/4に切り分け、バジルを粗くみじん切りし、モッツァレラチーズをさいの目切りします。レモンを絞っておきます。

トマトとモッツァレラチーズは、最高の組み合わせ。具材だけでもおいしいサラダです。

2 ボウルに、すりおろしたにんにく、エクストラヴァージンオリーブオイルとバルサミコ、レモン汁と塩を加えて、よく混ぜ合わせ、冷蔵庫に10分ほど入れて冷やしておきます。

パスタは氷水で洗うようにして冷やします。冷やすとパスタがしまりますので、少し柔らかめに茹で上げます。

3 カッペリーニを、袋に書いてある時間より1分ほど長く茹でます。ザルにとり、流水で粗熱をとったら、ザルごと氷と水を入れたボウルの中でよく冷やします。

4 カッペリーニの水気をよく切ったら、冷蔵庫で冷やした具材の入ったボウルに加えて、よく混ぜ合わせます。

 具材に茹でたパスタを和えるだけですので、とてもかんたんで、ヘルシーなカッペリーニです。

5 器に盛りつけたら、エクストラヴァージンオリーブオイル(分量外)をまわしかけ、バジルの葉を一枚そえたら出来上がりです。

冷たくてさっぱりした味が、暑い日に嬉しい一品です。ぜひお試しください。 
2017年7月3日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
3 件のコメント

暑い日につめたくってとっても美味しかったです。トマトとモッツァレラチーズは最高ですが、レモンやバジルやオリーブオイル、酢やにんにく、いい香りとさわやかさいっぱいのしあわせカッペリーニです♪ありがとうございます!

冷たいパスタは、以前家で作って、こんなものかとあきらめていましたが、このレシピで作ったら、美味しく出来ました。家族にも好評です。この夏の我が家の定番になりそうです。

涼しげなイタリアン、今日の暑さにぴったりです!
彩の良いプチトマトをたくさん買ってきて、作り置きしておこう。食を楽しむことで、暑さも乗り切れそうです。いつもありがとうございます&今日も良い1日を🍀

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「おりおり」のその他の記事

723816784254ea6604fc7c5b658a3f4d80a27add863a4cc6a77e55127070f3a7

大好きな あの方へ

大切な人に伝えたい想いを手紙にのせてみませんか。
Ee2750bd8bf576d4f1431b19127bb5504fed77d2a4b27309855f3d4415c81ea2

お待ちかねの さわやかご飯

みょうがと大葉がさわやか。しょう油で焼いた、とうもろこしをご飯にたっぷりのせていただきます。
0a36e58c41ab3433e130f921daafd508fec32c41ddac2f2fc2e9886518aa42b2

さわやかな あまから

青シソの実のさわやかな味が、口の中ではじける、みょうがのつくだにです。

新着記事

61aa5b82f775ac9f3ca1ecce80f6ec6650151bb8a13a0c4471b16985b36e64fd

とびきり ツナサンド

いつものツナサンドをもっとおいしく。作り置きにもなるツナペーストです。たっぷり作って楽しみましょう。
2e3ef30a0e89103e2abbbd6095ddccfed69dd6c541db42c5ba69b220fa2db7da

そら豆は こんなふうに

待ってました。初夏だけのごちそう、そら豆のマッシュ。そのままでも、パンにのせたり、サラダや、ローストしたお肉に添えてお楽しみください。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ