ローストポテトはこんなふうに

ありがとう
ジェイミー

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

ローストポテトを作りました。イギリスの人気料理家ジェイミー・オリバーさんが、それはそれはおいしそうなローストポテトを作っているのをテレビで見た時、いつか作ってみたいとずっと思っていたのです。それから後、いろいろなレシピを参考にし、あれこれと試すローストポテト研究を続けました。そんな末に考えついた、うん、これはおいしい、と思える、簡単でおいしいローストポテトを紹介します。じゃがいもは小粒がおいしくて、パスタのようにたっぷりの塩で皮つきのまま茹でること、つぶしてから(ジェイミーさん流です)オーブンでローストするのがポイントです。ありがとう、ジェイミー。

たっぷり作って、おもてなしの一皿に、ぜひお役立てください。子どもから大人まで大人気のローストポテトです。

材料(4人分)

じゃがいも(小粒を選んでください)…1キロ

水…3リットル

自然塩(茹でるための)…30g

オリーブオイル…100cc

ローズマリー… 5本

にんにく…5片

自然塩…3g

黒コショー…適量

 ローズマリーとにんにくの風味が、たっぷりの塩で茹でたじゃがいもとよく合うのです。

作り方

じゃがいもの茹で加減は、つぶした時に、このくらいを目安にします。

1 じゃがいもをよく洗って、芽があれば取っておきます。大きめの鍋に水とじゃがいもと塩を入れ、中火で15分ほど茹でます。じゃがいもは少し固めで、ぎゅっと押してつぶれるくらいが目安です。

皮つきのじゃがいもをつぶしてからローストすることで、カリカリさくさくに仕上がります。

2 茹でたじゃがいもを、庖丁の腹で押してつぶします。皮をむいたにんにくも同様につぶします。

今回はローズマリーを使いましたが、タイムやセージなどハーブのアレンジもお楽しみください。

3 ボウルに、じゃがいも、ローズマリー、にんにく、オリーブオイル、塩を入れ、よく混ぜ合わせます。

4 3をクッキングシートを敷いたオーブン皿に広げて、210度に予熱したオーブンで焼き色がつくまで30分ほど焼きます。10分おきに取り出し、全体をざっくりと混ぜ合わせることでカリッと仕上がります。

 オーブンによって焼き加減が変わりますので、焼き時間を調整してください。このくらいの焼き色がつけば出来上がりです。

7 器に盛りつけたら、黒コショーをふりかけて、あつあつをお召し上がりください。

レモンをしぼってかけてもおいしいですね。カリッとした食感とスパイシーなローストポテトです。 
2017年6月19日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

あつあつのポテトがたくさん出来ました。焼いているときからおいしそうないい香り♪カリッとしたところが出来ておいしかったです。つぶし方と温度調節を練習して何度も作ってみます!ありがとうございました。感謝。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「ごほうび」のその他の記事

5f69383280aa5f88c2928d042534a1bf7f885b4f46fe628ce9d18fce8abb5b7d

とろりと あまいおやつ

とろみのついたホットチョコレートをおやつに。
C947b179b71ddde0cec11bd861868198ed059af6e75d64e56219bca212b75998

ヘルシーな 豆腐プリン

蒸し暑い日や、疲れた日に、さわやかでまろやかな豆腐プリンはいかがでしょう。
6d4c9702992d4e9e76380c711f1504d0057ae30f68fcb2e4399bca5fca833941

うつくしさと おいしさ

ヨーグルトがおいしさの秘訣。絶品レアチーズケーキです。

新着記事

Ba433a7e2462504d11ccec00570e00e7ec133b9297987d325a481a3cbbacc432

ありがとう ジェイミー

カリッと焼き上げた最高においしいローストポテトはいかがでしょうか。おもてなしの主役にお役立てください。
4cd77ff78627db5c9100cac99ca282a7dd87c1c725e67a45d7fa8b43af93be35

おいしいの 合唱がはじまる

ヘルシーなきゅうりのスープはいかがでしょうか。シンプルゆえに、あまりのおいしさにびっくりします。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ