ドライカレーはこんなふうに。

明日は
もっとおいしい

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

豚ひき肉とトマトをたっぷり使ったドライカレーはいかがでしょうか。おいしさのコツは、うまみを逃さないように、豚ひき肉を押さえるように焼き炒めることと、カレー粉を二回に分けて加えることです。アレンジにお好みの野菜を加えてもよいですね。

おろししょうがとしょう油が隠し味です。ひとくち食べれば、今まででいちばんおいしいドライカレーだと驚くでしょう。半熟目玉焼きをのせてお召し上がりください。一日置くと味が落ち着いて、さらにおいしく仕上がります。ご飯と一緒に炒めれば、おいしいカレーピラフにもなります。お試しください。

材料(6人分)

豚ひき肉…500g

玉ねぎ…300g(1コ半)

サラダ油… 50cc

にんにく…20g(3片)

しょうが…20g

黒コショー…1g

カレー粉…5g✕2

塩…8g

鷹の爪…1本

ローリエ…2枚

トマト缶(ダイスカット)…1缶

ガラムマサラ…1g

コリアンダーパウダー…1g

しょう油…10g

 計量したスパイスは、小皿に分けて、準備しておきましょう。

作り方

1 玉ねぎとにんにくをみじん切りし、しょうがをすりおろします。鷹の爪の種を取り、ハサミで細く輪切りします。

 玉ねぎとにんにくは、ていねいに細かくみじん切りします。

2 深めの鍋にサラダ油を入れ、にんにくを中火で香りが出るまで炒めたら、しょうがを加えて、軽く炒めます。

3 玉ねぎを加えて、10分ほど弱火でしっかり炒めます。

4 カレー粉(5g)、黒コショー、鷹の爪を加え、炒めながら混ぜたら、豚ひき肉を加えます。

 ヘラで豚ひき肉をぎゅっと押して焼くようにして、焼き目がついたらかきまぜて、また押して焼いていきます。

5 一度よく混ぜ合わせたら、豚ひき肉をヘラで鍋底に押さえるようにし、あまり動かさずに中火で焼き、焼き目がついたら、ヘラで返しを繰り返します(混ぜながら炒めないようにします)。

6 鍋底に付いた焦げのようなものはうま味ですので、ヘラでこそぎながら炒めます。豚ひき肉にしっかり焼き色がついたら、トマト缶とローリエを加えて、よく混ぜて、フタをして10分ほど煮込みます。

 カレー粉を二回に分けて加えることで、こくのある味に仕上がります。

7 最後に、カレー粉(5g)、塩、ガラムマサラ、コリアンダーパウダー、隠し味のしょう油を加えて、強火で水分を飛ばすように炒めたら出来上がりです。

8 ご飯と目玉焼きと一緒にお召し上がりください。

 2日目が、とってもおいしいドライカレー。だから、たっぷり作ります。
2017年5月8日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
6 件のコメント

家族を思って、優しく丁寧に作ってみました。料理している私自身をも、とっても幸せな気持ちにしてくれたドライカレー。キッチンに立つ私をご機嫌な気分にしてくれるレシピをありがとうございました。

初めて、くらしのきほんのレシピで試した料理でしたが、本当に驚くほどに美味しく、記事の通りきっと今までで一番美味しいドライカレーだと思いました。次の料理は何にしようか考えながら、これからもワクワクしながら参考にさせて頂きます。

料理を久々に丁寧に作ることができました。
ちょっぴりくらしが楽しくなりました。
ありがとうございます。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「たのしむ」のその他の記事

B4079f072f235c91e289207eee9f52e6a65eedcd9307c95548e3fff877a8ca55

おいしい餃子 2

餡を包んで、ゆでます。余ったら焼きます。
Abac4712ac6e8b83595711ad2940dad54f5efbd8e72457788f123b4b8128ab22

おいしい餃子 1

餃子は皮から作るとこんなにおいしい。
63c105860abc6a72bf799b9863f12a9f77ac535f26e050d521bc6079e3d5d476

気のきいた 酢のもの

OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに、基本の酢のものについて教えていただきました。

新着記事

30324d56ce41b8464e640b281869d9dab0d4b9c6c6d10bf9e4d536d681ba5c0e

あつあつで ポカポカな

トマトと唐辛子のソースがおいしいペンネ・アラビアータ。ひとくち食べれば、体がポカポカにあたたまる、そんな人気のパスタ料理です。
D1f05de653bf016c7be9c05dff7c2c231d2df85f03652ea07de5f32c9fb98bef

おから煮は 母の味

低カロリーで栄養満点な、おから煮を作りましょう。そのおいしさでご飯をおかわりしたくなる大人気のおそうざいです。お弁当のおかずにも大活躍します。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ