焼き茄子はこんなふうに

香ばしくて
みずみずしく

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

焼き茄子のおいしさとは、じっくりと焼いた皮の香ばしさと、みずみずしい果肉の食感でしょうか。ひとくちひとくち食べるたびに、なんておいしいのでしょう、と感動してしまいます。茄子のおいしさをたっぷり味わえる焼き茄子。しょう油をかけても、塩を振ったそのままでも、おいしくいただけます。

材料(2人分)

茄子…3本

大葉…4枚

塩…適量

しょうが…適量

かつおぶし…適量

作り方

1 茄子のガクを切り、縦に4本、庖丁で切れ目を入れます。大葉を千切りします。しょうがはすりおろします。

しっかり焼いて、焦げ目をつけると皮がむきやすくなります。

2 強火の魚焼きグリルで、6分焼いたら、裏返して、また6分焼き、しっかり焦げ目をつけます。皮全体が炭のようになるように焼きます。

3 熱いうちに、串を使って、皮をむきます。

塩をふることで、アクが抜け、色目もきれいに仕上がります。

4 全体に、まんべんなく塩をふり、そのまま冷まします。

焼き茄子は、おみおつけの具にしてもよいでしょう。

5 ヘタを切り落とし、3つに切り分けて盛りつけます。大葉と、かつおぶしをのせ、しょうがをそえたら出来上がりです。冷蔵庫で冷やさずにそのままでもおいしくいただけます。

しょう油をふりかけて、薬味と一緒にお召し上がりください。
2017年4月3日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

焼き茄子、うれしいです。ありがとうございました。しっかり焼いて、皮はするすると取れました。塩だけで食べてみてとても美味しかったです。大葉としょうがもよく合います。ていねいな気持ちになれるしあわせレシピです。何度も作ります。感謝。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「まごころ」のその他の記事

7a475a368e7e3cf9cec63e6430f426506d83f7b9760789c588c4d4d9f15ac338

はじめての お弁当

OKAPI-BENTOの北岡佳奈さんに聞く、はじめてのお弁当。
240be26e70836a76d05fe4809fdf76fec4c31210e0f6f66e6cb0cc13e1b913c1

おいしい ダシとろろ

おいしいダシとろろはこんなふうにこしらえます。
1b33b67f32db07706ea04ec99c9dd16618ddca91d38e0c3fdad6f4dc37073771

きほんの のり弁

お弁当の定番。のり弁はこんなふうに。

新着記事

A1a37b6dc494a2512e4557c9333d87d6b932ecb00aef9f96b2c9f3f325e38157

プロヴァンスの しゃれたおかず

タプナードは、オリーブとアンチョビを使った南仏で知られる万能ソースです。今回は、タコとブロッコリーのタプナードを作ってみました。
2dca05558a8b9fda548ecf3ecf48ebcf8fe77bed85069c96363711963201312b

スパイシーな 野菜のケーキ

サクサクしたにんじんの食感がたまらなくおいしい、シナモン風味のキャロットケーキはいかがでしょうか。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ