くるみの飴炊きはこんなふうに

カリッとおいしい
くるみのお菓子

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

なじみの中華料理店で、くるみのお菓子をごちそうになりました。ほんのり甘くて、かりっと香ばしいおいしさにびっくりしました。あまりにおいしいので、どこで買えるかを聞くと、手作りだとおっしゃいます。ぜひ作り方を教えてくださいとお願いしました。くるみの飴炊きというそうです。

くるみの飴炊きは 、中国のおせち料理の定番。からだに良い脂肪酸が豊富なくるみですから、おやつに最適です。作り方はとっても簡単、くるみを茹でて、砂糖をまぶして、油で揚げるだけ。ぜひ一度お試しください。おもてなしのお菓子にもおすすめします。

材料(作りやすい量)

くるみ(無塩)…200g

揚げ油…適量

上白糖…90g

白ごま…3g

作り方

1 くるみを沸騰した湯で2分ほど茹で、アク抜きをします。

くるみは無塩を使います。茹でればアクが抜けてやさしい味に。

2 茹でたくるみをザルに上げて、水気をしっかり切り、熱いうちに上白糖をからめます。

健康食のくるみです。一日ひとつかみのくるみをいだだきましょう。

3 揚げ油を170度に熱し、強火でくるみを揚げます。油の温度が下がらないようにします。

4 あまりかき混ぜないように注意しながら、くるみの表面に小さな気泡が出てくるまで揚げていきます。

揚げたてのくるみはそのまま冷ますことで、表面が飴状になりカリッと仕上がります。

5 揚がったくるみを一度ザルに上げてから、サラダ油を塗ったバットに移します。広げて白ごまをまぶしたら。常温で冷ましましょう。(この時に混ぜると飴が結晶化しますので混ぜないように注意)

6 しっかり冷めたら、くっついたくるみを、ひとつひとつ手で割って、出来上がりです。

ビンに詰めれば、ちょっとしたプレゼントにもよいでしょう。
2017年3月6日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

とても美味しくて驚きました。砂糖をまぶしてから揚げたらどうなるのかドキドキしました。つやつやで香ばしいくるみが出来上がって感動しました。毎日食べたいです。ありがとうございます!感謝。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「たのしむ」のその他の記事

B4079f072f235c91e289207eee9f52e6a65eedcd9307c95548e3fff877a8ca55

おいしい餃子 2

餡を包んで、ゆでます。余ったら焼きます。
Abac4712ac6e8b83595711ad2940dad54f5efbd8e72457788f123b4b8128ab22

おいしい餃子 1

餃子は皮から作るとこんなにおいしい。
63c105860abc6a72bf799b9863f12a9f77ac535f26e050d521bc6079e3d5d476

気のきいた 酢のもの

OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに、基本の酢のものについて教えていただきました。

新着記事

F7901a0a158cf965f1c557ee08d0209243f8978804f720c4c6ac30c6414254f3

しゃれた チーズのおつまみ

おもてなしのおつまみにチーズフライはいかがでしょうか。チーズに衣をつけてカラリと揚げるかんたん料理です。そのとびきりのおいしさに笑顔がこぼれます。
9c20ec7eb19cda84b907cc869428631407cf11f678b75b44aff194a3d0282bb7

ひとくちで 元気もりもり

スペインの家庭料理、カレー風味のガーリックスープ「ソパ・デ・アホ」をご存知でしょうか。疲れたときや、風邪気味のときにおすすめの栄養満点スープです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ