くるみの飴炊きはこんなふうに

カリッとおいしい
くるみのお菓子

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

なじみの中華料理店で、くるみのお菓子をごちそうになりました。ほんのり甘くて、かりっと香ばしいおいしさにびっくりしました。あまりにおいしいので、どこで買えるかを聞くと、手作りだとおっしゃいます。ぜひ作り方を教えてくださいとお願いしました。くるみの飴炊きというそうです。

くるみの飴炊きは 、中国のおせち料理の定番。からだに良い脂肪酸が豊富なくるみですから、おやつに最適です。作り方はとっても簡単、くるみを茹でて、砂糖をまぶして、油で揚げるだけ。ぜひ一度お試しください。おもてなしのお菓子にもおすすめします。

材料(作りやすい量)

くるみ(無塩)…200g

揚げ油…適量

上白糖…90g

白ごま…3g

作り方

1 くるみを沸騰した湯で2分ほど茹で、アク抜きをします。

くるみは無塩を使います。茹でればアクが抜けてやさしい味に。

2 茹でたくるみをザルに上げて、水気をしっかり切り、熱いうちに上白糖をからめます。

健康食のくるみです。一日ひとつかみのくるみをいだだきましょう。

3 揚げ油を170度に熱し、強火でくるみを揚げます。油の温度が下がらないようにします。

4 あまりかき混ぜないように注意しながら、くるみの表面に小さな気泡が出てくるまで揚げていきます。

揚げたてのくるみはそのまま冷ますことで、表面が飴状になりカリッと仕上がります。

5 揚がったくるみを一度ザルに上げてから、サラダ油を塗ったバットに移します。広げて白ごまをまぶしたら。常温で冷ましましょう。(この時に混ぜると飴が結晶化しますので混ぜないように注意)

6 しっかり冷めたら、くっついたくるみを、ひとつひとつ手で割って、出来上がりです。

ビンに詰めれば、ちょっとしたプレゼントにもよいでしょう。
2017年3月6日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
1 件のコメント

とても美味しくて驚きました。砂糖をまぶしてから揚げたらどうなるのかドキドキしました。つやつやで香ばしいくるみが出来上がって感動しました。毎日食べたいです。ありがとうございます!感謝。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なごむ」のその他の記事

240f7717b4c0d8891800d5eb6b34e49490e63fb20a7e36420ae24e28ebbb404b

きほんのはなし1

二人にはどんなきほんがあるのでしょうか。YAECAの井出さんと松浦弥太郎のとりとめのないお話です。
Fe5ba912769d43f13ebc9491169fc6c713071d3001ecdcf68566e99fad3d049a

きほんのはなし2

まだまだ続く。二人にはどんなきほんがあるのでしょうか。YAECAの井出さんと松浦弥太郎のお話です。
5fb905a22abfebbfc546917ccc8b0dfa1ad23f46cd440c5a9d7b288f9943e31f

きほんのはなし3

二人にはどんなきほんがあるのでしょうか。YAECAの井出さんと松浦弥太郎のお話、3回目。

新着記事

912e8767898c2400a5187d5173339ce0cf5aefddce4840edaf9b932f6531bb66

いざって時の まぜごはん

おいしいにんじんご飯はいかがでしょう。便利な作り置きとしてもおすすめします。
Cfc327aff7ee3408db4158535759b12277108fde2c6a777c7366434c009ac171

野菜たっぷり ふっくらオムレツ

スペインふうオムレツは小さめのフライパンで作りましょう。かりかりでふっくらと仕上がります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ