クスクスとモロッコ風スープ

クスクスでも
つくりましょうか

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

エスニック料理で知られるクスクスは、パスタと同じ原料のデュラム小麦で作られた、細かいつぶつぶの粉食です。調理がかんたんで、いろいろな料理にアレンジできるので大人気です。今回はレモンとしょうがをたっぷり使った、モロッコ風のスープを作ります。おいしいクスクスと、からだがポカポカとあったまるスープを、ぜひ一度お試しください。

スープさえあれば、ご飯やパスタの代わりになるのがうれしいクスクスなのです。

材料(4人分)

クスクス…150g

塩…1g

オリーブ油…15cc

干しぶどう…7g

スープの材料

鶏もも肉…180g

カリフラワー…1/2株

にんにく…2片

玉ねぎ…1コ

しょうが…5g

レモン…1/2コ

プチトマト…10コ

オリーブ…10粒

ローリエ…2枚

サフラン…2つまみ

クミンシード…2つまみ

鷹の爪…1本(半分に割って種をとる)

塩…ひとつまみ

オリーブ油…40cc

白ワイン…100cc

水…200cc

風邪予防に野菜をたっぷり食べて栄養をつけましょう。

作り方

1 沸騰させた180ccの湯に、オリーブ油と塩を混ぜ、ボウルに入れたクスクスと干しぶどうに加えます。軽く混ぜて、ラップをして5分置きます。

調理がかんたんなクスクス。ドレッシングに和えてサラダでもおいしくいただけます。

2 鶏もも肉に3.6g(重さに対して2%)の塩をまぶして、手でよくもみ、少し置いておきます。

3 玉ねぎを幅1センチのくし切り、にんにくをみじん切りし、カリフラワーを食べやすい大きさに切ります。レモンは輪切りにし、オリーブは指で半分に割っておきます。

4 中火の鍋に、オリーブ油を入れ、にんにくを香りが出るまで炒めます。玉ねぎを加え、軽く火が通るまで炒めます。ローリエ、サフランとクミンシードと鷹の爪を加えて、混ぜ合わせ、鶏もも肉いれて、さらに炒めます。

サフランとクミンシードを使ったレモン風味の爽やかなスープです。

5 白ワインを入れて、2分ほど炒めながらアルコールを飛ばし、千切りしたしょうが、オリーブ、レモン、カリフラワーを加え、水200ccと塩をひとつまみ入れ、フタをします。スープが沸いたら、弱火にして20分ほどじっくり煮込みます。仕上げにミニトマトを加えたら出来上がりです。

6 器にクスクスを盛りつけ、スープと具をかけて、千切りにしたコリアンダーを添えてお召し上がりください。

モロッコ風のレモンとしょうがのスープを、たっぷりかけてお召し上がりください。

「クスクスとモロッコ風スープ」のレシピをみる

2017年1月23日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

初めて作りました。モロッコ風。できたてはレモン味に驚き、少し冷めたら鶏肉と野菜の何ともいい香りの風味に驚きました。クスクスはレーズンのところが美味しいです。スープが何度も確かめたくなるお味です。一回目、楽しかったです。また作ります。感謝。

偶然にも、今晩はクスクスの予定です。(ラムを使った「チュニジア風」ですが)「モロッコ風」美味しそう!次回、作ってみます。レパートリーが増えて嬉しいです。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なるほど」のその他の記事

F198d4922188ce5b8c70ac3868403772cbf5239760708d73eff35e63d5709bb0

みそのこと いろいろ

みそを今日はこんなふうに。
F8daae81e3848b439db349fa07bc1632d152a7d5aba5b9b9b4a522dcfe54cd39

つつんで やすませる

ビーフステーキの焼き方には、こんなにコツがありました。
Bf54ac7f659524d55f56fbafe049727721b7b1c83b4823f0052ecf5d9cf719a2

サニーサイド アップ

こういう目玉焼きが食べたかった。焼き方にはコツがありました。

新着記事

058a4016561a1097a0d35e46c3ece687691a0b4199bdc6017046300d997fbe49

サクサクでうれしく じゅわっとおいしく

手でつかむようにせっせと練って、カタチをていねいに整えて、じっくりと焼くハンバーグのおいしさは、まさに家庭の味です。
NEW
C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ