ブロッコリーのガーリック炒めはこんなふうに

おいしくて
ヘルシーな

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

子供の頃、「色の濃い野菜は身体にいいからたっぷり食べなさい」と母によく言われたものです。特にブロッコリーは母のお気に入り野菜で、いろいろな料理に使われました。緑黄色野菜のブロッコリーは、カロテンとビタミンCが豊富な上に、生活習慣病予防にも役立つことで知られています。大人になった今でもたっぷり食べたい野菜なのです。

そんなブロッコリーを使った料理でいちばん好きなのが、茹でたブロッコリーをオリーブオイルで炒めたにんにくと、サッとからめたガーリック炒めです。そのおいしさは、1人で1株ペロリと食べてしまいそうになるくらい。晩ごはんのおかずにも、お酒のおつまみにも、お弁当にも役立つ一品です。ぜひお試しください。

材料(作りやすい量)

ブロッコリー…1株

イタリアンパセリ(みじん切り)…大サジ2杯

にんにく…2片

鷹の爪…1本

オリーブ油…70ml

塩…20g

ブロッコリーは、茎も葉っぱも栄養満点です。

作り方

1 ブロッコリーを小房に切り分けます。茎は厚めに皮をむいて切り分けます。にんにくはうす切りし、イタリアンパセりはみじん切りします。鷹の爪は半分にちぎり、種を出します。

2 塩を加えた2リットルの水を、大きめの鍋で強火で沸かし、ブロッコリーを2分半ほど茹で、ザルに上げておきます。茹で汁を少し残しておきます。

フライパンを傾けて、オリーブ油で揚げるように、にんにくを炒めます。弱火がポイントです。

3 弱火のフライパンにオリーブ油を入れ、にんにくと鷹の爪をじっくり炒めます。

4 にんにくがきつね色になったら、イタリアンパセリを加え、ブロッコリーの茹で汁を大サジ2杯ほど入れて、手早く混ぜ合わせます。

オリーブ油と茹で汁を混ぜ合わせて乳化させることで、とろっとしたソースに仕上がります。

5 ブロッコリーをフライパンに加え、フライパンをゆすってオリーブ油をからめます。

6 器に盛りつけて、適量のオリーブ油(分量外)をふりかけてお召し上がりください。

食べる直前に、オリーブ油をほんの少し垂らすと風味が加わり、さらにおいしく召し上がれます。

*「ブロッコリー」もっと詳しく

2017年1月9日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
10 件のコメント

スーパーに並んだブロッコリー。どの子も美味しそうです。だから今日もペペロンチーノ作りました。たくさん作ってたくさん食べる、おいしい味です。ごちそうさまでした。

何度作っても、美味しいです。作っている時から、香りが美味しそう。出来立てを、味見?やっぱり美味しい*^^* 身体にも良いから、嬉しいです。弥太郎さん、お、い、し、い。レシピ、いつもありがとうございます。

茹でずに数分炒めて食べました。
おいしかったです😋

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なるほど」のその他の記事

F198d4922188ce5b8c70ac3868403772cbf5239760708d73eff35e63d5709bb0

みそのこと いろいろ

みそを今日はこんなふうに。
3ab5d7c6efafa4f768bdae6cfe4d999abeb3d1294238ad9fa04e96f0cdfc829b

おいしい レタス

レタスのおいしさは下ごしらえにあります。
33dd7863645d2259e607444050a0d2153c1e5e122a712abfe57814c177868831

引き継いだ 母のレシピ

作りおきの定番マカロニサラダの絶品レシピを紹介します。普段のおかずにも、お弁当にも嬉しい自慢の味です。

新着記事

61aa5b82f775ac9f3ca1ecce80f6ec6650151bb8a13a0c4471b16985b36e64fd

とびきり ツナサンド

いつものツナサンドをもっとおいしく。作り置きにもなるツナペーストです。たっぷり作って楽しみましょう。
2e3ef30a0e89103e2abbbd6095ddccfed69dd6c541db42c5ba69b220fa2db7da

そら豆は こんなふうに

待ってました。初夏だけのごちそう、そら豆のマッシュ。そのままでも、パンにのせたり、サラダや、ローストしたお肉に添えてお楽しみください。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ