アップルクラフティはこんなふうに

あなたへ
いつもありがとう

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

カスタードふうの生地とリンゴを一緒に焼いた、アップルクラフティをご存知でしょうか。バターでソテーしたほくほくのリンゴと、表面はサクサクで中がふわふわの甘いプディングがおいしい、フランスの伝統菓子のひとつです。

アップルクラフティは、出来たてもおいしいけれど、作り置きをしておいて、アツアツにあたため直して食べるのがおすすめです。寒い日、家にアップルクラフティがあることの嬉しさといったらありません。アイスクリームを添えれば、おもてなしにも喜ばれるでしょう。

自分へのありがとう、大切な人へのありがとうのために、こころをこめて作ってみてはいかがでしょうか。

材料(作りやすい量)

りんご…3コ

無塩バター…30g

てんさい糖…30g

栄養満点のリンゴ。1日1個のリンゴは医者を遠ざけます。

生地の材料

バニラビーンズ…1本分(ペーストでも可)

薄力粉…60g

てんさい糖(グラニュー糖でも可)…60g

玉子…3コ

牛乳…100cc

生クリーム…100cc

ビール…100cc

生地にビールを入れることで、焼き上がりがサクサクに。

作り方

1 リンゴを幅2センチくらいに切り分け、芯を除き、皮をむきます。

2 フライパンにバターを入れ、バターが溶けたら、リンゴを入れ、てんさい糖を加え、弱火で焼きます。リンゴがくたっとなって、焼き目がつくまで焼きます。

4 耐熱皿の内側にバター(適量)を塗り、てんさい糖(適量)をまんべんなくまぶしておきます。

焼いたリンゴの並べ方によって焼きあがりが変わりますが、それも楽しみ。

5 生地を作ります。薄力粉、バニラビーンズ、てんさい糖をボウルで混ぜ合わせます。別のボウルに玉子を割り入れ、よく混ぜたら、粉のボウルに加えて、まぜあわせます。

6 牛乳と生クリームを加えて、さらに混ぜ、最後にビールを加えて、軽く混ぜたら生地の出来上がりです。

オーブンによって焼き時間が変わりますので、焼き具合を見て、調整してください。

6 耐熱皿に、炒めたリンゴをぎっしり並べて、その上から生地をたっぷり流します。

7 190度にあたためたオーブンで40分焼いたら出来上がりです。

8 少し冷まして、ふくらんだ生地を少し落ち着かせます。切り分けてお召し上がりください。レンジであたため直すとさらにおいしでしょう。

* 今回は小さめの耐熱皿2台分の分量です。お持ちの耐熱皿の大きさに合わせて分量を調整してください。タルト型でもお作りになれます。

ふわふわでサクサクのアップルクラフティ。フランスのお母さんの味です。
2016年12月19日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
12 件のコメント

少し肌寒く感じた日曜日。作っていてぽかぽかしあわせでした。ふわっとふくらむときのワクワク。甘い香り。カスタードとリンゴの風味がぴったり合っていて、感動の美味しさです。ほんとうにステキなお手紙を頂いた気持ちになれますね。ありがとうございます!

りんごの季節に、ステキなお手紙を受け取りました。つくってもてなすのは心が豊かな時間になりそうです。実りの秋に先ずつくりたい一品です。感謝を添えて今日も幸せな1日を🍀

くらしのしおり2017/09/09 12:14削除

今年初めての雪が降った寒い日に、
家族のほかほか笑顔を楽しみに作りました。
表面サクサク(秘訣がビール!)中ふわふわのプディング。
どんなお味なんだろう!とワクワク。
食べて皆の笑顔が解けました、感謝です♡

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「あたたまる」のその他の記事

2623e3f90bc686c8b482e8f7d6e20e469eaf90bb154ca70ab60980b6e7e456cc

ぽかぽか あったまる

冷えと疲れにおすすめ、アサリとしょうがのスープ。
5c1e038a5176e31af2496fce8295cddc9ebbc8baab5fe34caab0b16b2427495b

アサリと サーモン

サーモンたっぷりの絶品クラムチャウダー。
C27defd9893289358d5612c3febe93c19b842cb773df6744a02ca1debae0e4c7

茶粥という しあわせ

心が喜ぶ、素朴でやさしい味の茶粥をこしらえましょう。

新着記事

4424d90239eb76f4ca7d239aa5c7b0b3a9ed61433273e1d213e53bf73d328eec

チーズたっぷり イタリアのおかゆ

スープを使わずにかんたんにできる、パルミジャーノチーズをたっぷり使ったリゾットはいかがでしょうか。
Cc3d8c1bb0a835d8dfadd1e26a1fd01066ef9a321984fe54764c0fe2e545c5cf

じっくり焼く フレンチのきほん

フランスの家庭料理の定番、そして人気の屋台料理でもある、じゃがいものガレットはいかがでしょうか。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ