たたきごぼうの唐揚げは、こんなふうに

かむほど
おいしい

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

細く長く根っこを張る丈夫なごぼうは、日本では古くから縁起が良いとされ、柔らかく煮てからたたいて作るたたきごぼうは、おせち料理の定番のひとつです。そんなたたきごぼうを、幼い頃、母は唐揚げにして作ってくれました。子どもの口に合わなかったたたきごぼうも、唐揚げになれば、なぜかおいしく食べれたのです。「子どもは揚げものが好き」。子を思う母の愛情から生まれたレシピです。

しゃきしゃきした歯ごたえがおいしいごぼうは、味と香りの根菜。かめばかむほどおいしい、たたきごぼうの唐揚げはいかがでしょうか。冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにも。お酒のおつまみにもおすすめします。ぜひお試しください。

材料(作りやすい量)

ごぼう…200g

炒りごま…大サジ4杯

薄口しょう油…大サジ3杯

塩…小サジ1/2杯

酢…大サジ1杯

薄力粉…適量

揚げ油…適量

作り方

1 布巾を使ってごぼうをよく洗ったら、皮を庖丁の刃で、こそげとります。

2 ごぼうをすりこぎで軽く叩いて割り、4センチの長さに切り分けたら、食べやすい大きさに手で開きます。

ごぼうを酢で下茹ですると、アク抜きができ、やわらかくなります。

3 鍋に水を入れ、酢と塩を加えて沸かし、ごぼうを1分ほど茹でたら、バットに移しておきます。

4 すり鉢で、炒りごまを、ごまが半分残るくらいに2分ほどすり、薄口しょう油と混ぜ合わせてタレを作ります。

すりごまと薄口しょう油のタレがおいしさの秘訣です。

5 茹でたごぼうを、タレに5分ほど漬けたら一度混ぜて、もう5分ほどタレに漬け込みます。

小麦粉をたっぷりまぶすと、揚げ上がりがサクサクになります。

6 ごぼうに薄力粉をたっぷりまぶし、170度の揚げ油で揚げていきます。

7 表面がカラリと揚がったら、出来上がりです。

何気ないおかずですが、こういうおかずがいちばんうれしい。

「たたきごぼうのからあげ」のレシピをみる

2016年12月12日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
5 件のコメント

いつもはすりゴマを買ってきてしまいますが、今回はゴマをすり鉢ですってみました。プチプチという音と共に、ゴマの良い香りが、、、「ゴマをする」って楽しい!
ごぼうももちろん美味しくいただきました。

酢と塩で先に茹でるとは、良いことを教えてもらいました。ありがとうございます❗ごぼう1本では全然足りず、私の口には入らなかったのが残念です(笑)もっとたくさん作って、次こそは食べます❗

いつものゴボウ天とは違い、胡麻とお醤油が香ばしくておいしかったです。箸が止まらなかったです?

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「うれしい」のその他の記事

F6489bfdc681c9f357b7c1a0d4120537f1d14ef0134c908091cbaf6b88b7379a

とびきり おいしい

ほんの少しの手間と心遣い。 そのおいしさにびっくりするでしょう。
54925fa0644cb57f5529ce6584f620648e3c4bb4cd5175f89906c62e3cead889

ふだんの ごちそう

玉子焼きと一対一で向き合って、楽しくおしゃべりするように料理しましょう。
D4a8c0f116bb7ef47dcc8dde03d5e00ba578676c9e9354bd863ebb70447c83ff

さっくり ふんわり

お菓子は、楽しみながらつくることが大切です。まずは、きほんのバニラクッキーから。手順をよくご覧ください。

新着記事

C039863ec86136fd19d16309ec5c861a334f7ad90364e52cdae0ed41c7e7d3e4

クスクスでも つくりましょうか

クスクスに、レモンとしょうがのモロッコ風スープをたっぷりかけていただきます。
57728d2749866ee0776a0d672f8994f85c404f83af9915b41199bb0ef1d72381

こころが ぽかぽかになる

おいしい揚げ出し豆腐はダシ汁作りにあります。ふわふわ豆腐にダシ汁をかけて召し上がりください。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ