ポテトグラタンはこんなふうに

明日は
もっとおいしい

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

ふと、旅で出会ったおいしさを思い出すことがあります。頭の中にぼんやり浮かんだ旅の情景と一緒に、あのおいしい一皿をもう一度食べたいと願うのです。

いつか旅したフランスでのこと。リオンに車で辿り着いた冬のある夜のことです。場末の小さなレストランで食べたポテトグラタンのおいしさは今でも忘れられません。じゃがいもをクリームスープで煮込んで、チーズをかけてオーブンで焼くだけですが、旅で疲れた身体には、涙が出そうなくらいの味でした。

フランス家庭の定番料理として知られたじゃがいもを使ったスープグラタンです。作り方がいたってシンプルだからこそおいしいのでしょう。あれこれ試行錯誤しながら作ってみました。アレンジも自由です。おいしいフランス風のポテトグラタンをどうぞお楽しみください。二日目はもっとおいしくなります。

材料(4人分)

じゃがいも(小)…6コ

にんにく…1/2片

生クリーム…150cc

牛乳…400cc

塩…小サジ1/2杯

パルミジャーノチーズ(粉チーズでも可)…60g

イタリアンパセリ…適量

じゃがいもとにんにくの相性の良さがおいしさを引き立てます。

作り方

1 じゃがいもの皮をむき、厚さ1センチ弱にスライスし、にんにくをみじん切りします。

2 鍋にじゃがいもとにんにくを入れ、生クリームと牛乳、塩を加えて、弱火で7分ほど煮込みます。

3 かたちを崩さぬように、鍋からじゃがいもを耐熱皿に移します。鍋の煮汁を少し煮込んでとろみをつけてから、じゃがいもに加えます。

パルミジャーノチーズをたっぷりかけてオーブンで焼き上げます。

4 パルミジャーノチーズを細かく削って、じゃがいもの上に乗せ、200度のオーブンで15分焼きます。

5 みじん切りにした、イタリアンパセリを振りかけたら出来上がりです。

2日目のグラタンも実においしいです。あたため直してお召し上がりください。
フランスではバケットと一緒に召し上がります。もちろんワインとの相性も良しです。
2020年12月6日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
6 件のコメント

昨年初めて作り、大人気!
朝晩冷え込んできて今年初めてまた作りました。
ほんとにシンプルだけどすーっと染みていつまでも美味しい。。寝るまで 口福感続きます。

ポテトグラタン。シンプルなのに、とても美味しく、ホッコリして、体が温まりました。御馳走様でした。

春になる前、寒い日が再びやってきたし、風邪も治ってきたし、今日がグラタン日和。本当にあつあつのふうふう!子どもが「おいしいの匂いする!」と言ってオーブンの前で焼けるのを待っていました。素敵なメニューをありがとう。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なつかしむ」のその他の記事

7dd2a750d88fafb36a0d8f1cf9e0e16894279cd11311a7f677320aec49ee1fae

わたしにも できる 3

手作りドーナツくらい、おいしくてうれしいおやつはありません。
840a7db6f9c39526bb92d7b1338c8b623020cd5b254a67e5712ee2493250534b

あまくて ほくほく 4

心まであたためてくれる、ほくほくのさつまいものおいしさ。今日のおやつに大学いもはいかがでしょうか。
D77fbf8f042d7a0d3d1df2e52b903859ea85da54ea7b75013f1a0c10e6817af6

あまいミルクと バターがおいしい 6

今日のおやつにラスクはいかがでしょうか。素朴で懐かしい甘い母の味です。

新着記事

A1d297767731ab635137c25691da539bd3d60ad40e1fd943ad5d9c7b78aeabc6

えびと夏野菜の あえもの 3

土佐酢と大根おろしを合わせたみぞれ酢に、夏野菜とえびを合わせました。おいしい和ふうの前菜です。
29cd0d9824947c1d0271d1e55a494df750a82c781fbf2ffc63cfe849a6c1455e

あの旅の おいしさを 3

ロメインレタスを使ったシーザーサラダ。試作を重ねてたどり着いた、絶品ドレッシングを紹介します。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ