ポテトグラタンはこんなふうに

あつあつの
フランスふう

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

ふと、旅で出会ったおいしさを思い出すことがあります。頭の中にぼんやり浮かんだ旅の情景と一緒に、あのおいしい一皿をもう一度食べたいと願うのです。

いつか旅したフランスでのこと。リオンに車で辿り着いた冬のある夜のことです。場末の小さなレストランで食べたポテトグラタンのおいしさは今でも忘れられません。じゃがいもをクリームスープで煮込んで、チーズをかけてオーブンで焼くだけですが、旅で疲れた身体には、涙が出そうなくらいの味でした。

フランス家庭の定番料理として知られたじゃがいもを使ったスープグラタンです。作り方がいたってシンプルだからこそおいしいのでしょう。あれこれ試行錯誤しながら作ってみました。アレンジも自由です。おいしいフランス風のポテトグラタンをどうぞお楽しみください。

材料(4人分)

じゃがいも(小)…6コ

にんにく…1/2片

生クリーム…150cc

牛乳…400cc

塩…小サジ1/2杯

パルミジャーノチーズ(粉チーズでも可)…60g

イタリアンパセリ…適量

じゃがいもとにんにくの相性の良さがおいしさを引き立てます。

作り方

1 じゃがいもの皮をむき、厚さ1センチ弱にスライスし、にんにくをみじん切りします。

2 鍋にじゃがいもとにんにくを入れ、生クリームと牛乳、塩を加えて、弱火で7分ほど煮込みます。

3 かたちを崩さぬように、鍋からじゃがいもを耐熱皿に移します。鍋の煮汁を少し煮込んでとろみをつけてから、じゃがいもに加えます。

パルミジャーノチーズをたっぷりかけてオーブンで焼き上げます。

4 パルミジャーノチーズを細かく削って、じゃがいもの上に乗せ、200度のオーブンで15分焼きます。

5 みじん切りにした、イタリアンパセリを振りかけたら出来上がりです。

2日目のグラタンも実においしいです。あたため直してお召し上がりください。
フランスではバケットと一緒に召し上がります。もちろんワインとの相性も良しです。
2016年12月5日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
5 件のコメント

ポテトグラタン。シンプルなのに、とても美味しく、ホッコリして、体が温まりました。御馳走様でした。

春になる前、寒い日が再びやってきたし、風邪も治ってきたし、今日がグラタン日和。本当にあつあつのふうふう!子どもが「おいしいの匂いする!」と言ってオーブンの前で焼けるのを待っていました。素敵なメニューをありがとう。

今日でもう4回目です。夫婦2人なのでレシピの半分の量で作っています。シンプルなのにほっこりする味は最高です。
しっかりしたレシピをありがとうございます。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なつかしむ」のその他の記事

7dd2a750d88fafb36a0d8f1cf9e0e16894279cd11311a7f677320aec49ee1fae

わたしにも できる 3

手作りドーナツくらい、おいしくてうれしいおやつはありません。
59ccdea915a99645d29986b04327e4f73957cd57dc95c7de5703d5b7a38fc913

よくできましたの ごほうびです 4

かんたん! パンをくるくる回しながら揚げて、砂糖をたっぷりかけて出来上がり。今日のおやつに揚げパンです。
840a7db6f9c39526bb92d7b1338c8b623020cd5b254a67e5712ee2493250534b

あまくて ほくほく 4

心まであたためてくれる、ほくほくのさつまいものおいしさ。今日のおやつに大学いもはいかがでしょうか。

新着記事

4424d90239eb76f4ca7d239aa5c7b0b3a9ed61433273e1d213e53bf73d328eec

チーズたっぷり イタリアのおかゆ 3

スープを使わずにかんたんにできる、パルミジャーノチーズをたっぷり使ったリゾットはいかがでしょうか。
30324d56ce41b8464e640b281869d9dab0d4b9c6c6d10bf9e4d536d681ba5c0e

あつあつで ポカポカな 3

トマトと唐辛子のソースがおいしいペンネ・アラビアータ。ひとくち食べれば、体がポカポカにあたたまる、そんな人気のパスタ料理です。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ