きほんのポテトグラタン

あつあつの
フランスふう

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

ふと、旅で出会ったおいしさを思い出すことがあります。頭の中にぼんやり浮かんだ旅の情景と一緒に、あのおいしい一皿をもう一度食べたいと願うのです。

いつか旅したフランスでのこと。リオンに車で辿り着いた冬のある夜のことです。場末の小さなレストランで食べたポテトグラタンのおいしさは今でも忘れられません。じゃがいもをクリームスープで煮込んで、チーズをかけてオーブンで焼くだけですが、旅で疲れた身体には、涙が出そうなくらいの味でした。

フランス家庭の定番料理として知られたじゃがいもを使ったスープグラタンです。作り方がいたってシンプルだからこそおいしいのでしょう。あれこれ試行錯誤しながら作ってみました。アレンジも自由です。おいしいフランス風のポテトグラタンをどうぞお楽しみください。

材料(4人分)

じゃがいも(小)…6コ

にんにく…1/2片

生クリーム…150cc

牛乳…400cc

塩…小サジ1/2杯

パルミジャーノチーズ(粉チーズでも可)…60g

イタリアンパセリ…適量

じゃがいもとにんにくの相性の良さがおいしさを引き立てます。

作り方

1 じゃがいもの皮をむき、厚さ1センチ弱にスライスし、にんにくをみじん切りします。

2 鍋にじゃがいもとにんにくを入れ、生クリームと牛乳、塩を加えて、弱火で7分ほど煮込みます。

3 かたちを崩さぬように、鍋からじゃがいもを耐熱皿に移します。鍋の煮汁を少し煮込んでとろみをつけてから、じゃがいもに加えます。

パルミジャーノチーズをたっぷりかけてオーブンで焼き上げます。

4 パルミジャーノチーズを細かく削って、じゃがいもの上に乗せ、200度のオーブンで15分焼きます。

5 みじん切りにした、イタリアンパセリを振りかけたら出来上がりです。

2日目のグラタンも実においしいです。あたため直してお召し上がりください。
フランスではバケットと一緒に召し上がります。もちろんワインとの相性も良しです。

「ポテトグラタン」のレシピをみる

2016年12月5日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
3 件のコメント

今日でもう4回目です。夫婦2人なのでレシピの半分の量で作っています。シンプルなのにほっこりする味は最高です。
しっかりしたレシピをありがとうございます。

今夜は、あつあつポテトグラタン…手軽にできるのに、やさしい味でほっこり^^
ちょっぴり体調の悪かった次女は快復。
今夜も忙しく帰りが遅い長女も喜ぶこと間違いなし。
弥太郎さん、あったかレシピありがとうございます。

とてもシンプルなのに、深くてやさしいお味です。冬のある夜、あつあつをふうふうして食べてたら胸がきゅーっとなった。本当にそんな感じになります。チーズがサクサク削れていますね。道具を少しずつ、そろえようって思いました。ありがとうございました!!

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なつかしむ」のその他の記事

7dd2a750d88fafb36a0d8f1cf9e0e16894279cd11311a7f677320aec49ee1fae

わたしにも できる

手作りドーナツくらい、おいしくてうれしいおやつはありません。
59ccdea915a99645d29986b04327e4f73957cd57dc95c7de5703d5b7a38fc913

よくできましたの ごほうびです

かんたん! パンをくるくる回しながら揚げて、砂糖をたっぷりかけて出来上がり。今日のおやつに揚げパンです。
5512d93c914bd86e3da2ac0b5b385e1e022fbdd2f96802a2c9d7c02baeea11f5

まぜごはんにも おむすびにも

ひじき煮は、母の味の定番おかず。しょうがとちりめんじゃこで、さっぱり味に仕上げました。

新着記事

E2efeac130d7c06af810f21e7e613a65b550ae67e976536daedc549d17227f34

スペインふう サーモンの南蛮漬け

今夜の副菜に、サーモンのスペインふう南蛮漬けはいかがでしょうか。おべんとうのおかずにも、おつまみにもおいしくいただけます。
77f26591a141e5e5dd7439cf4287675d3124d9fae067a730a024b71c50c670d8

こころときめく オムライス

オムライスのおいしさは、チキンライスとふわふわオムレツのコンビネーションです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ