ちくわの磯辺揚げはこんなふうに

青のりたっぷり
サックサク

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

子どもの頃、お弁当のおかずに、ちくわの磯辺揚げが入っていると「やったあ!」と、声を上げて喜んだものです。最後に食べようと取っておいて、大切にいただきました。

そんなちくわの磯辺揚げは、かんたんでサッと出来るおいしいおかずです。ですが、もっとおいしい磯辺揚げを作りたくて、何度も試作を繰り返し、おいしい磯辺揚げのレシピを考案しました。コツは、衣に、炭酸水とたっぷりの青のりを使うことです。この衣を、「きれいに」というよりも、ちくわのまわりに薄く載せていくような感じでつけて揚げます。お弁当のおかずにはもったいないくらいの、最高においしい、ちくわの磯辺揚げを、ぜひ試しください。

材料(作りやすい量)

ちくわ…4本

薄力粉…大サジ2杯

炭酸水…大サジ2杯

青のり…大サジ2杯

塩…ひとつまみ

揚げ油…適量

ちくわは食べやすい大きさに切り分けましょう。
ちくわのまわりに、薄くまぶすように衣をつけましょう。

作り方

1 ちくわを一口大に切ります。

2 ボウルに薄力粉と青のりを入れ、少しずつ炭酸水を加え、よく混ぜ合わせて衣を作ります。

3 ボウルの衣にちくわを入れ、ちくわの外側に衣を塗るようにまぶし、中温に熱した揚げ油で、箸で裏返しながら、2分ほど弱火で揚げていきます。

揚げ油は、ちくわが半分くらいつかる量で結構です。
冷めてもおいしのは、青のりの風味がたっぷりだから。

4 キッチンペーパーの上で油を切ったら出来上がりです。塩を振ってお召し上がりください。

レモンを絞ってもおいしく召し上がれます。
2016年11月14日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
9 件のコメント

ちくわと炭酸水をみると、この磯辺揚げを思いだして、食べたいなって思います。コロコロっとした形もいいですね。子どもも喜びます。お弁当にもぴったりです。感謝。

ビールのおつまみに!
真っ先に思いつきました(o^^o)
シンプルで簡単で美味しい。至福ですね♪
週末、台風が心配です、無事でありますように🍀
今日も良い1日を💓

塩を振りかけて食べるのは初めてでした。何だか今日のはいつもと違うよと、主が喜んで食べる姿に、ウシシッとVサイン!ありがとうございました!

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なるほど」のその他の記事

F198d4922188ce5b8c70ac3868403772cbf5239760708d73eff35e63d5709bb0

みそのこと いろいろ 5

みそを今日はこんなふうに。
3ab5d7c6efafa4f768bdae6cfe4d999abeb3d1294238ad9fa04e96f0cdfc829b

おいしい レタス 3

レタスのおいしさは下ごしらえにあります。
8f6e3f35cf24a648d4507b7663f7652ecfb6428f3720e71e0961726b0809dc68

100回 とぎます 3

玄米をおいしく炊きあげるには、とぎ方にコツがありました。

新着記事

Fcd8cd166fc3e9f93abb232c7726550b30ce1c78f44d2dc07c04522bac0638d4

子どもも 大人もよろこぶ 2

牛肉をやわらかく煮込んだロシアの家庭料理ビーフストロガノフ。味の決め手はサワークリーム。
C7d21ab69e6282696da55ca27a5fd02994da9abfd1342ae87e286876b78729ee

子どもに 食べさせたいおやつ 4

食物繊維がたっぷりのりんごで作る、子どもに食べさせたいあまいおやつです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ