ドライアップルはこんなふうに

子どもに
食べさせたいおやつ

文・写真:松浦弥太郎 
文字サイズ

食物繊維のペクチンが豊富で、腸内環境を整えてくれるりんご。「1日1個のりんごは医者を遠ざける」とも言われています。子どもの頃、秋になると、おいしいりんごをもりもり食べたものです。

ちょっと一手間かけたりんごのおやつを作りましょう。薄く切ったりんごをオーブンで焼いて作るドライアップルです。切り方と焼き加減でサクサクにもしっとりにも。グラノーやサラダ、ヨーグルトのトッピングにも役立ち、お弁当に添えれば、お子様はきっと喜ぶでしょう。子どもに食べさせたいおやつです。

りんごの皮にはペクチンが豊富。皮をむかずに焼くと、ペクチンは9倍にもなると言われています。

材料(2人分)

リンゴ…1コ

作り方

1 リンゴを流水でよく洗います。

2 縦に半分に切り、半分を四等分に切り、芯を除き、厚さ3ミリほどのいちょう切りします。

噛めば噛むほど味わい深いドライアップルです。
  • 0a721931b6bcb40f89bf72941a254cddf7afe9c7ec19c2da48aa48c52180e800
  • 53e9ca29356c7d60a27ce2c84c994838621a1e1b6eab8a08e696a38dc18f2503

3 クッキングシートを敷いた天板に重ならないように置きます。今回は天板2枚を使用しました。

4 120度のオーブンで1時間30分ほど焼きます。

焼き加減を見ながら、お好みの食感になるように、温度と時間を調整してください。

5 オーブンから取り出し、りんごをひっくり返したりして粗熱を取り、5分ほど冷ましたら出来上がりです。

りんごをそのまま焼いた子どもに安心なおやつです。ぜひお試しください。
2016年10月31日
文・写真:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
3 件のコメント

早速作ってみました!甘さがギュと詰まった優しい味で、子どもが「おかわり!」とお皿を持って来ました。林檎が美味しい時期なのに、そのままでは食べなくなり、苦労していました。作る過程も見せてあげて、食育にもつながります。ありがとうございます!

ドライフルーツが大好きな子どもは、毎朝ドライアップルを食べています。こだわりのドライフルーツが売られているお店で購入していますが、糖分が気になっていました。明日、美味しいりんごが届く予定なので、是非作ってみたいと思います!

大地の恵みですね…
そして弥太郎さんのエッセンス…
素敵なおやつ…?

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「うれしい」のその他の記事

4f3c818bdebb6a377481f274942760338ef2874ebb0ff974fb94bc7c5875b843

つけたりのせたり はさんだり

叩いた梅干しに、かつおぶしをたっぷり混ぜて作る梅かつおはいかがでしょう。
D4a8c0f116bb7ef47dcc8dde03d5e00ba578676c9e9354bd863ebb70447c83ff

さっくり ふんわり

お菓子は、楽しみながらつくることが大切です。まずは、きほんのバニラクッキーから。手順をよくご覧ください。
92e7ada0512c68c216d47d6beadd6f27fd4f199c7993c56121481b1dbd36b294

おいしい あまから

OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに、基本のきんぴらについて教えていただきました。

新着記事

07c05d04f62a8f4b5b278d668a17bb68b3384dc3b91c8b7f669ba0688474bd5d

ていねいに作る いちごのデザート

コップの底でつぶして作る、いちごのデザートはいかがでしょうか。そのまま食べても良いですし、アイスクリームやヨーグルトにかけてお楽しみください。
2d511d93d286bbad9310c26ecebe92ddfbcd9140081a2d69c88a14114d07107e

ぽかぽか 絶品ポトフ

寒い日は、野菜をたっぷり使った、あつあつポトフで温まりましょう。ポトフは茹でて煮るだけ。フランスのかんたん家庭料理をどうぞ。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ