おいしいカルボナーラ

こってりを
たっぷり

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

チーズ風味で、こってりクリーミーなソースがおいしいカルボナーラはローマ生まれ。黒コショーを使うことから炭焼きのパスタとも呼ばれています。本来、具材はパンチェッタを使いますが、ベーコンでも十分おいしく仕上がります。ゆであがったスパゲッティを、手早くソースにからめてお召し上がりください。かんたんでとびきりおいしいカルボナーラです。

材料(1人分)

スパゲッティ…80g

角切りベーコン…50g

ソースの材料

マヨネーズ…大サジ2杯

卵黄…1コ分

粉チーズ…大サジ1杯

生クリーム…大サジ1杯

黒コショー…適量

作り方

きほんの具はベーコンのみですが、ほうれん草やしめじ、マッシュルームを加えてもよいでしょう。

1 ベーコンを1センチの厚さにスライスし、1センチ幅に、せん切りします。

2 大きめのボウルに、卵黄、生クリーム、マヨネーズ、粉チーズを入れて、よく混ぜ合わせます。

3 スパゲッティをゆでます。(ゆで時間はの表示時間どおり)

スパゲッティは、必ず一口食べて、ゆで具合を確かめましょう。

4 中火のフライパンでベーコンをかりっと炒めて、キッチンペーパーの上に置いて、油を切っておきます。

5 スパゲッティのゆで汁を大スプーン1杯分取り、少し冷ましてから、ソースに少しずつ混ぜ合わせ、ベーコンを加えてよく和えます。

6 ゆでたスパゲッティをザルに上げて水気をよく切り、ソースのボウルに入れて、手早くソースに混ぜ合わせます。

7 器に盛り付け、黒コショーを振って、お召し上がりください。

カルボナーラの濃厚ソースと黒コショーの組み合わせがおいしさを生み出します。
2016年10月17日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
3 件のコメント

材料も行程もシンプル。見た目がおいしそうにできて
うれしくなりました。味はやっぱりマヨネーズがポイントです。また、つくろう。

本当に混ぜるだけで失敗なく出来上がって、しかも濃厚で深みもあって美味しくて驚きです!白身はスクランブルエッグみたいにして食べました。これは一回で定番料理に決定です。ありがとうございました。感謝。

間違いなく…絶賛するだろう…彼は…?

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「たのしむ」のその他の記事

65adcaa75694abc6f8d8e6afa6840aba2773091e8e0f0c8b74913426a4bf9e00

みる お弁当

OKAPI BENTOから届く、見て楽しむお弁当日記。
B4079f072f235c91e289207eee9f52e6a65eedcd9307c95548e3fff877a8ca55

おいしい餃子 2 1

餡を包んで、ゆでます。余ったら焼きます。
Abac4712ac6e8b83595711ad2940dad54f5efbd8e72457788f123b4b8128ab22

おいしい餃子 1 2

餃子は皮から作るとこんなにおいしい。

新着記事

B60bf7e166513fed61681db7147c43f7db95715650d2f9801adbfc8243efa19a

しみじみ おいしい 6

コトコト煮込んで作る、かつおの角煮はこんなふうに。
253f7407bc7d31ec80413189fc2bc9ad9e352469bbc8956b5bca53e052fc17d0

ごはんに のせてみたり 9

黄身の中心がとろっと半熟のおいしい味玉をこしらえましょう。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ