きほんの鶏だんご

わが家の
とっておき

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

子どもの頃から鶏だんごが大好きです。スープの具にしたり、あまからいタレにからめたり、お弁当のおかずにも嬉しい鶏だんご。今回はわが家のシンプルな味つけの鶏だんごを紹介します。

タレやしょう油など、何もつけずに、焼き立てをそのまま食べるのが、いちばんおいしい絶品の鶏だんご。しょうが風味でヘルシーな味つけです。作りおきしておくと、献立が一品足りない時などに、とても便利なおかずです。ぜひお試しください。

材料(6〜8コ分)

鶏ひき肉…300g

酒…大サジ1杯

うすくちしょう油…大サジ1杯

しょうが汁…小サジ1杯

塩…ひとつまみ

玉子…1コ

生パン粉…50g

片栗粉…大サジ1杯

玉ねぎ(大)…1/4コ

ごま油…大サジ1杯

ごま油(焼き用)…適量

ていねいにこねるのがおいしさのポイントです。作り置きにもなるヘルシーな鶏だんごです。

作り方

1 玉ねぎをみじん切りします。

2 鶏ひき肉に、酒、うすくちしょう油、しょうが汁、塩を混ぜ合わせます。

3 溶き玉子を加えて、よく混ぜ合わせます。

4 生パン粉と片栗粉、玉ねぎを加えて、よく混ぜ合わせます。

今回は6コに分けましたが、8コでもよいでしょう。

5 ごま油を加えて、よく混ぜ合わせ、食べやすい大きさに丸めます。

6 分量外の水200ccと酒50ccを鍋で沸かし、丸めた鶏だんごを入れ、箸で転がしながら5分ほど茹でます(かたちが崩れますので、最初は少しそのままにしてまわりが固まったら転がします)。茹でたらバットに上げて冷まします。

焦がさないように注意しながら、じっくり焼きましょう。

7 大きめのフライパンに、ごま油をひき、鶏だんごのかたちを整え、フタをしながら、両面を弱火でじっくり焼いたら出来上がりです。お好みで黒コショーをふりかけて召し上がりください。

何もつけずにそのまま食べるのが一番おいしい鶏だんごです。お弁当のおかずにもぴったりです。

「鶏だんご」のレシピをみる

2016年10月3日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
9 件のコメント

学童のクッキングで子ども達と作りました🎵肉は豚肉にして、ハンバーグ風に焼いてみました。やはり、人気のメニューですね❗玉ねぎの
みじん切りも丁寧にできました。

大きめなのに、中もしっとりです。焼く前にしっかりゆでるのですね。味つけがシンプルなのにそのまま食べて本当に美味しいです。絶品です!ありがとうございました。感謝。

自己流で作っていた鶏だんご。
レシピどうりにつくったら美味しいこと。私の自慢の一品になりました。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「なるほど」のその他の記事

F198d4922188ce5b8c70ac3868403772cbf5239760708d73eff35e63d5709bb0

みそのこと いろいろ

みそを今日はこんなふうに。
F8daae81e3848b439db349fa07bc1632d152a7d5aba5b9b9b4a522dcfe54cd39

つつんで やすませる

ビーフステーキの焼き方には、こんなにコツがありました。
Bf54ac7f659524d55f56fbafe049727721b7b1c83b4823f0052ecf5d9cf719a2

サニーサイド アップ

こういう目玉焼きが食べたかった。焼き方にはコツがありました。

新着記事

058a4016561a1097a0d35e46c3ece687691a0b4199bdc6017046300d997fbe49

サクサクでうれしく じゅわっとおいしく

手でつかむようにせっせと練って、カタチをていねいに整えて、じっくりと焼くハンバーグのおいしさは、まさに家庭の味です。
NEW
C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ