玉子と具の工夫と発案

プレーンオムレツ

文・写真:松浦弥太郎
文字サイズ

昨晩、バナナとくるみをたっぷり使ったバナナケーキを焼きました。おいしくなりますように。おいしさとは心配りのあらわれ。今朝は久々にオムレツにチャレンジ。あれこれ考えずにシンプルに作ろう。

玉子三個をさっと溶いて、塩と黒コショーをひとつまみ、バターをひいた中火のフライパンに静かに流して、フォークでくるくると混ぜて、まわりが固まってきたら、手前に折りたたんでいく。そうしながら、焦げそうになったら火からフライパンを離したりして、ちょうどいい焼き加減で仕上げる。慎重にお皿に移して、昨晩、オリーブオイルと塩でローストしたカリフラワーを温めなおしてオムレツに添える。冷蔵庫に残っていたハムも二枚置いてみた。コショーを振っておいしくいただきました。また作ろう。つづく。

とはいえ、オムレツは火加減と焼き方がむつかしい。もっとふわっと作りたい。
2016年9月22日
文・写真:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

焼くときの甘いにおいも楽しみのひとつですね。ぎゅっと詰まったバナナパウンド、とっても美味しそうです。優しいです。朝の黄色って、元気が出ます。明日はオムレツ焼こうかな。

弥太郎さん、素敵な朝食ですねっ
シンプルなオムレツに、バナナとくるみのケーキ、なんて美味しそう!

素敵な一日になりそうですね^^

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「かんがえる」のその他の記事

0df6852d3aa14134991914fbbc30d09c2c4ed85ee0ead564770dc6d86ab60646

お弁当 こんなふうに

OKAPI-BENTOの北岡佳奈さんに聞くおべんとう作りのコツ。
6d1db7fd7cfcb78eea09784eb1247c06b5b278f9b2fd3ef48dff868c69a09b23

エプロン プロジェクト1

どんなエプロンが使いたいのか。ほしいのか。毎日使うエプロンの話。
49f8362a29a382018420381ad6f3eb1629aded2f41103a20e4924a4ea2d0826c

エプロン プロジェクト2

とにかく、みんなエプロンが大好きなんです。

新着記事

C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。
E1ca91475735453525dc6cc67d56639fd8c4d1c4a129969ba86ea75b8cb76b8a

ふろふきは やさしい母の味

家庭料理の定番、ふろふき大根はこんなふうに。一口食べればからだがぽかぽかとあったまります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ