玉子と具の工夫と発案

ふたたび
目玉焼き

文・写真:松浦弥太郎
文字サイズ

2016年9月8日木曜日

ふたたび目玉焼きです。しかも玉子ひとつ。なんとなく、最近はあっさりした朝食が食べたい気分です。だからか、無意識的にオムレツではなく目玉焼きになってしまう。そう、黄身というよりも、塩を振りかけた白身が食べたいのです。で、目玉焼きをオリーブオイルで焼いてみようと思ったりするのです。気まぐれで。

そんなふうに、思いつきでいつもと違うことをしようとすると、料理って大概失敗したりする。やっぱりね。今日は黄身のことをまったく考えていなかったので、火が入りすぎて固まってしまい、しかも、肝心の白身が、ちょっと目を離した隙に、周りがカリカリに焦げました。あーあ。まあ、食べれないことはないけれど、理想ではない目玉焼きです。

每日の料理で、ひとつひとつ理想に近い料理を作るって、ほんとにむつかしいし大変。何が言いたいかというと、料理って気持ちの作用が大きいってこと。今日の目玉焼きは、料理ではなく作業でしかなかったと反省。がんばってまた作ろう。次こそおいしいオムレツを。

*添えたのは、パストラミビーフ少々、桃二切れ、クレソン。

あらまあ。完全に固まってしまった黄身の目玉焼きくらい残念なものはないなあ(でもおいしく食べました)。
2016年9月8日
文・写真:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
6 件のコメント

目玉焼きは朝食の必須アイテムです。できれば、野菜とトマト、そしてチーズがあればバツグン❗ パンにもご飯にも相性バッチリ。

目玉焼きは、ちょっと焼いてる隙に、と思って他のことをすると、大抵焼きすぎちゃいますね。
子どもたちは「黄身が固まっちゃうよぉー!」と言って起こすと急いで起きてきます(笑)

「あらまあ」ってなったのですね。カリカリのところも美味しそうですよ。よく見るとお皿の茶色の模様と合っている感じがします。「あらすてき」ですね。ありがとうございます。感謝。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「あこがれる」のその他の記事

C9e6c6a143943b0e05e7c8eec8ee4ae5d3c804dc5e6cef514df1a1660bf8288f

むつかしく ありません

じんわりと心にしみいるような、おいしいみそ汁がいただける毎日にあこがれます。
328186d6c7e6ed951f19204c738c48558861cd67e3f845ab70eec0186c466184

モン・サン ミシェルへ

モン・サン・ミッシェル名物、世界一のスフレ・オムレツを家庭で。
6fd844a2bb33cfdba0f5ac6dd804afd97403952b5d60300313575574da043173

たのしい 裁縫 6

スカートやズボンなど、裾上げが美しく仕上がると嬉しいですね。きほんのまつり縫いを紹介します。

新着記事

C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。
E1ca91475735453525dc6cc67d56639fd8c4d1c4a129969ba86ea75b8cb76b8a

ふろふきは やさしい母の味

家庭料理の定番、ふろふき大根はこんなふうに。一口食べればからだがぽかぽかとあったまります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ