玉子と具の工夫と発案

オムライス

文・写真:松浦弥太郎 
文字サイズ

2016年8月5日金曜日

昨日作ったトマトピラフが残っていたから、朝からオムライスを作ってみた。いつも悩むのは、玉子焼きでご飯をくるむか、そのままのせるかです。僕のような世代は、くるむのが好きではなかろうか。子どもの頃に自分で作った思い出がそうするのかな。とにかく久しぶりに作った。

作ってみて思ったのが、くるむのであれば、玉子焼きを薄く焼くべきだということ。今日もまたフライパンの大きさを間違えました。朝はぼんやりしてしまって、いつもこんなふうに、気が抜けるが僕のだめなところ。大きめのフライパンで薄く焼くべきでした。それと、少し塩をして、玉子焼きに味をつけないと味が淡白。ケチャップはスプーンでのせたほうがいい(見栄え的に)。とはいえ、なんとか、オムライスにはなった。母の作るのもこんな感じだった。ふわふわでも、とろとろではないけれど。でもおいしい。また作ろう。つづく。

作りながらオムライスはオムレツでないことに気がついた。
2016年8月5日
文・写真:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
4 件のコメント

夜中にふとお邪魔したら、オムライス。おばあちゃんの作ってくれたオムライスを想いだしました。泊まりにいったときに、なんだか嬉しそうに作ってくれました。そんな事を想いだしたり、今日は涙線の弱い日です。

やっぱり大きなフライパンを使うとかなり上手くスムーズにできます。私はマキマキ派。ケチャップライスにはコンソメを入れるのが私流。今日も美味しくできました。

そうです、私の中のオムライスはやっぱり包んであるもの。
オムレツをのせて真ん中をナイフで切り開いてっていうオムライスを見た時、違うよなぁ〜〜って思ったくらい。そして苦手なグリーンピースが入ってないケチャップライスだといいんですけど…

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「かんがえる」のその他の記事

0df6852d3aa14134991914fbbc30d09c2c4ed85ee0ead564770dc6d86ab60646

お弁当 こんなふうに 1

OKAPI-BENTOの北岡佳奈さんに聞くおべんとう作りのコツ。
6d1db7fd7cfcb78eea09784eb1247c06b5b278f9b2fd3ef48dff868c69a09b23

エプロン プロジェクト1

どんなエプロンが使いたいのか。ほしいのか。毎日使うエプロンの話。
49f8362a29a382018420381ad6f3eb1629aded2f41103a20e4924a4ea2d0826c

エプロン プロジェクト2

とにかく、みんなエプロンが大好きなんです。

新着記事

8efafecaeeb218f7435547a2672b6845bd106d36ef05f839273052a1f694475f

季節をいただく バターケーキ 2

店先に並ぶ、真っ赤なりんごに心ひかれる季節。大人も子どもも大好きなケーキに仕立てれば、持ち寄りの集いにぴったりの一品に。
6eccbdaed72585bd4418d2cf839730d5770a3e51ebb72103f5e76359724743e3

夏の疲れに 温めんを 3

夏でも肌寒い日やエアコンなどで、意外とからだは冷えがち。そんなときに、体も心も温めてくれるレシピを枝元なほみさんに教わります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ