たまご料理の工夫と発案

オムライス

文・写真:松浦弥太郎 
文字サイズ

2016年8月5日金曜日

昨日作ったトマトピラフが残っていたから、朝からオムライスを作ってみた。いつも悩むのは、玉子焼きでご飯をくるむか、そのままのせるかです。僕のような世代は、くるむのが好きではなかろうか。子どもの頃に自分で作った思い出がそうするのかな。とにかく久しぶりに作った。

作ってみて思ったのが、くるむのであれば、玉子焼きを薄く焼くべきだということ。今日もまたフライパンの大きさを間違えました。朝はぼんやりしてしまって、いつもこんなふうに、気が抜けるが僕のだめなところ。大きめのフライパンで薄く焼くべきでした。それと、少し塩をして、玉子焼きに味をつけないと味が淡白。ケチャップはスプーンでのせたほうがいい(見栄え的に)。とはいえ、なんとか、オムライスにはなった。母の作るのもこんな感じだった。ふわふわでも、とろとろではないけれど。でもおいしい。また作ろう。つづく。

作りながらオムライスはオムレツでないことに気がついた。
2016年8月5日
文・写真:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
4 件のコメント

夜中にふとお邪魔したら、オムライス。おばあちゃんの作ってくれたオムライスを想いだしました。泊まりにいったときに、なんだか嬉しそうに作ってくれました。そんな事を想いだしたり、今日は涙線の弱い日です。

やっぱり大きなフライパンを使うとかなり上手くスムーズにできます。私はマキマキ派。ケチャップライスにはコンソメを入れるのが私流。今日も美味しくできました。

そうです、私の中のオムライスはやっぱり包んであるもの。
オムレツをのせて真ん中をナイフで切り開いてっていうオムライスを見た時、違うよなぁ〜〜って思ったくらい。そして苦手なグリーンピースが入ってないケチャップライスだといいんですけど…

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「かんがえる」のその他の記事

0df6852d3aa14134991914fbbc30d09c2c4ed85ee0ead564770dc6d86ab60646

お弁当 こんなふうに 1

OKAPI-BENTOの北岡佳奈さんに聞くおべんとう作りのコツ。
Df86dcacce4d380fdefaed97c1aaa0cac1963530fd482c3a68fbd6ba5dedc32e

目玉焼き 3

今日よりも明日。明日よりあさって。玉子2つがきほんです。
6d1db7fd7cfcb78eea09784eb1247c06b5b278f9b2fd3ef48dff868c69a09b23

エプロン プロジェクト1

どんなエプロンが使いたいのか。ほしいのか。毎日使うエプロンの話。

新着記事

Fcd8cd166fc3e9f93abb232c7726550b30ce1c78f44d2dc07c04522bac0638d4

子どもも 大人もよろこぶ 2

牛肉をやわらかく煮込んだロシアの家庭料理ビーフストロガノフ。味の決め手はサワークリーム。
C7d21ab69e6282696da55ca27a5fd02994da9abfd1342ae87e286876b78729ee

子どもに 食べさせたいおやつ 4

食物繊維がたっぷりのりんごで作る、子どもに食べさせたいあまいおやつです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ