味玉はこんなふうに

ごはんに
のせてみたり

文・写真:松浦弥太郎 
文字サイズ

作りおきの定番おかず、味玉をこしらえましょう。味玉のおいしさのコツは、ゆで玉子の黄身をちょうどよい半熟に仕上げることです。そのためには玉子を正確な時間でゆでましょう。にんにくが隠し味の、あまからいしょう油でじっくり漬け込みます。おかずにもお弁当にもおすすめの味玉をお試しください。絶品です。

炊きたてご飯の上にのせた味玉丼も絶品です。ぜひお試しください。

材料(作りやすい量)

玉子…5コ

しょう油…100cc

みりん…100cc

砂糖…大サジ1杯

昆布かつおダシ…200cc

にんにく…1/2片(みじん切り)

ごま油…適量

黄身の中心だけを半熟に仕上げます。

作り方

1 玉子を常温に戻しておきます。

2 漬けダレを作ります。鍋に、しょう油、みりん、砂糖、かつお昆布ダシ、にんにくを入れ、ひと煮立ちさせたら、冷ましておきます。

3 玉子の細長い方ではなく、丸い方の底に、先のとがった鉄串などで小さな穴を開けておきます。こうすることで、カラがむきやすくなります。

4 鍋にたっぷりの湯を沸騰させてから、お玉を使って、玉子を入れます。

5 玉子を中火で7分ゆでたら、すぐに氷水に10分ほどつけて冷やします。

6 玉子を流水に当てながらカラをむきます。

7 深さのある容器、もしくはジップ付きのビニール袋に、ゆで玉子を入れ、漬けダレを加えます。

ゆで玉子にラップをのせておけば、均等に漬け込むことができます。

8 冷蔵庫で一日ほど漬けたら、出来上がりです。

9 半分に切って、ごま油を垂らしてお召し上がりください。ごはんの上に、刻んだねぎと一緒にのせてもおいしいでしょう。

*冷蔵庫で3日ほど保存できます。残った漬け汁は、ぎょうざのタレや、煮物に使ったり、すったしょうがを加えて、焼き肉のたれにしてもよいでしょう。

ごま油をかけると風味が増して、さらにおいしい味玉子に。
2016年7月18日
文・写真:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
8 件のコメント

にんにくが良い風味になり、家族も大好きな味玉です。何回作ったかわからないくらいリピートしています。一日寝かせると程よく味か染み込んで絶品に♪明日の朝ごはんが楽しみ。

今日の夜は夫と息子がお留守番。二人が大好きな味玉を作り置きします。おいしい、おいしい味玉!ありがとう。

暑い夏に、作り置きの一品!早速、今日つくります。家に帰ってからのお楽しみがあると1日がワクワク(*^^*)味玉大好きなので、毎日、いろんな食べ方を考えるのも楽しみ!ありがとうございます✨良い1日&週末を🍀

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「うれしい」のその他の記事

4f3c818bdebb6a377481f274942760338ef2874ebb0ff974fb94bc7c5875b843

つけたりのせたり はさんだり

叩いた梅干しに、かつおぶしをたっぷり混ぜて作る梅かつおはいかがでしょう。
D4a8c0f116bb7ef47dcc8dde03d5e00ba578676c9e9354bd863ebb70447c83ff

さっくり ふんわり

お菓子は、楽しみながらつくることが大切です。まずは、きほんのバニラクッキーから。手順をよくご覧ください。
92e7ada0512c68c216d47d6beadd6f27fd4f199c7993c56121481b1dbd36b294

おいしい あまから

OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに、基本のきんぴらについて教えていただきました。

新着記事

F7901a0a158cf965f1c557ee08d0209243f8978804f720c4c6ac30c6414254f3

しゃれた チーズのおつまみ

おもてなしのおつまみにチーズフライはいかがでしょうか。チーズに衣をつけてカラリと揚げるかんたん料理です。そのとびきりのおいしさに笑顔がこぼれます。
9c20ec7eb19cda84b907cc869428631407cf11f678b75b44aff194a3d0282bb7

ひとくちで 元気もりもり

スペインの家庭料理、カレー風味のガーリックスープ「ソパ・デ・アホ」をご存知でしょうか。疲れたときや、風邪気味のときにおすすめの栄養満点スープです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ