おいしいお茶の淹れ方を

もてなしの
お手前

動画: 元家健吾
文字サイズ

もてなしのこころ

おいしいお茶を淹れられるようになりたい。大切な人に心をこめておいしいお茶でもてなしたい。そう思ったとき、おいしいお茶とは、どんなお茶なのだろうと考えました。

こんなお話があります。かつて、長浜城主だった豊臣秀吉が、鷹狩りの途中に喉が渇き、お寺に立ち寄ったときのこと。寺の小坊主にお茶をもらいたいと頼んだところ、その小姓は、大ぶりの茶碗いっぱいにぬるめのお茶を淹れて差し出しました。秀吉はこれを一気に飲み干して、もう一杯頼みました。小姓は、今度はやや小さめの碗に、やや熱めにしたお茶を淹れて差し出しました。秀吉は、これをゆっくりと飲み干し、さらにもう一杯頼みました。すると、小姓は、小ぶりの碗に熱く点てたお茶を差し出しました。三杯目を飲み終えた秀吉は、その小姓を呼び寄せ、どのような気遣いをしたのか尋ねました。

「一杯目はとにかく喉が渇いておられるだろうから、一息で飲み干せるようにぬるくして、量もたっぷりにいたしました。二杯目もまだ、喉の渇きはおさまっていないようでしたが、一杯目ほどでなかろうと、やや熱くしました。三杯目は喉の渇きもなくなり、おいしいお茶を望んでおらえるはずだと、熱く濃いお茶を入れてまいりました」。

喉の渇きを推測して、温度を変えてお茶を差し出す。相手の様子を見て、その欲するものを出す。この心遣いに感動した秀吉は、小姓を城に連れて帰り、家来としたと言います。

飲んだ人が、思わずにっこり微笑んでしまうお茶。それこそがおいしいお茶の味なのです。それはもてなす相手への自分の精一杯であり、心底思いやる気持ちが大切なのです。

茶葉をよく見ること

煎茶を淹れてみましょう。はじめに湯を沸かします。沸騰したら、沸かした湯を急須いっぱいに入れます。急須は、片手で扱えるくらいの大きさで、底が平らで広いものがよいでしょう。あらかじめ急須を温めておくことで、淹れている間にお茶が冷めるのを防ぐことができます。

急須の注ぎ口から湯をこぼし、湯を捨てます。一度湯通しすると、茶渋が付着しずらくなります。

沸いたお湯を人数分の湯のみにとりましょう。七分目くらいでしょうか。湯のみは、出来れば白磁がよいでしょう。青磁は、その器の色から、うすく入れても濃く見えてしまいます。また、一杯飲んだだけでお腹がいっぱいになってしまうような、たっぷりとした湯のみでなく小さめのものを選ぶとよいでしょう。

急須に茶葉を入れます。一回に使う茶葉の目安量は六グラム。カレー用スプーンおよそ一杯分です。葉を崩さないよう、静かに入れましょう。

急須をかるく左右にふって、小山になった茶葉を平らにならしたら、茶葉がヒタヒタにひたるくらいに、少しだけ湯を入れます。

フタをあけた状態でしばらく待ちましょう。すると、湯気があがって、変化が出てきます。ここが勘所。茶葉が湯を吸ってふくらんで、先端がところどころ顔を出してきたら、うま味を出す準備ができた合図です。

湯のみにとった湯をすべて急須に入れて、フタをします。やさしく急須を傾けて、ゆりかごを揺らすように湯のみへ注いでいきます。このとき、お茶の量、濃さが均一になるように、湯のみを往復させながら、少しずつ注いでいきます。さいごの一滴は、急須をふらず、ポタポタと自然に落とします。それから湯のみごとに分けながら注ぎましょう。

一服のお茶で心の休息を

三煎で味わう

煎茶は三煎(さんせん)で味わうとよいとされています。湯のみになみなみ注ぐということはせずに、自分がそのとき飲める量の三分の一を注いでいただいたら、次の二煎目、三煎目、というふうにいただきます。

たっぷりした湯のみに一気に注いでしまうと、その分つぎ足す手間が省けるかもしれませんが、どうしても大味になってしまいます。途中で飲まなくなってしまうのはもったいないことですし、一服で飲むより、三回に分けて飲んだほうが満足度が高くなるのです。

一煎目はコクのあるうま味、二煎目はすっきりとした渋み、三煎目は香りというふうに、三煎三様の味わいの変化を楽しむことが出来ます。お茶の淹れ方の基本が分かっていれば、相手の好みに味を淹れ分けて、その違いをたのしむことも出来るでしょう。

おいしいお茶を淹れる。それはすなわち人を思うこと、人との関わりを育てることだとわかりました。

協力:大山拓朗( しもきた茶苑大山

2015年7月1日
動画: 元家健吾

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
3 件のコメント

お茶が上手に淹れられません。お茶やのご主人に手ほどきを受けたことがあるのですがとてもこくのある味が出せませんこれからの自分の課題にしようとおもいます

この淹れ方でお茶を淹れたら、あんなに「お前はお茶も満足に淹れられないのか」ってあきれていた夫が「お前の淹れてくれるお茶はおいしいなあ」っていうほどになりました。おかげで得意なことが1つ増えました。お気に入りの急須で一服、幸せなひと時です。

温度を変えた小姓さん。素晴らしいですね。待っているときの茶葉の香りにしあわせになりますね。小さな湯のみで飲みました。子どもの頃から今までなぜか欠けない不思議な湯のみ。お茶は癒されますね。ありがとうございます。感謝。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「ありがとう」のその他の記事

590b74ec2bed39ac7f37e7412075ee132232c86bc935e42257607d3dd8b12fa5

おめかしして お参りします 1

8月15日はご精霊棚の飾り付け、お墓参り、お花作りを。
Caa308e51a15d03f325e4a5cc74cb33a69663d6afbd460ba5f84c4112e58204f

いまだけの おたのしみ

摘みたてのブルーベリーを使って、ジャムを作りました。
B94a4b40f2278350d7fbc0b3478ed880ddad1022d30cff3ecb544786ddcf2a79

野菜たっぷり ポパイカレー 1

野菜をたっぷり使った、ほうれん草のカレーはいかがでしょうか。たまねぎをじっくり炒めてコクを出すのがコツ。栄養満点、ヘルシーなカレーでからだをいたわりましょう。

新着記事

0c2518abdd3f78d8e970354bd4f457120c7271a1f7436bbb171057db5b87971d

おいしくて ヘルシーな 10

ブロッコリーをたっぷり食べたい。そんなときはガーリック炒めをおすすめします。
74a9b283707f42e6fbce95e228c06d045b34d788e75c0f0e010dcdb14d7deaa7

わが家の とっておき 13

こねて丸めて焼くだけ。何もつけなくてもおいしいヘルシーな鶏だんごです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ