きほんのまつり縫い

たのしい
裁縫 6

文:加藤奈津子 写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

暮らしの中で起こるちょっとした服のほつれは、手縫いでさっとお直しができると心強いものです。スカートやパンツの裾のほつれを直したり、裾上げをする時に活躍するのが、まつり縫いです。まつり縫いは、縫い目を目立たせたくない時に役立つ縫い方。表から縫い目がほとんど見えないよう、織り糸をほんの少しだけすくうのがポイントです。

裏面から見た縫い上がり。いくつか種類があるまつり縫いの中でも代表的で、裾直しに役立つ、斜めまつり(糸が斜めにかかるまつり方)の縫い方を紹介します。

まつり縫いはこんなふうに

1 今回は裾上げを想定して、布の端を三つ折りにし、アイロンで折り目をつけています。玉結びをして、三つ折りにした折り山の裏から表へ針を刺して引き抜きます。

2 斜め上方向の布(三つ折りになっていない部分)の織り糸を1〜2本すくい、そのまま折り山の裏から表へ針を刺して引き抜きます。すると、糸が斜めに折り山にかかります。再び斜め上方向の布の織り糸を1〜2本すくって繰り返し、5mm〜1cmくらいの間隔を目安にして、縫い進めます。すくう部分が表に出る縫い目となるので、小さくすくうようにします。

3 縫い終わりは、織り糸を1〜2本すくってから、玉止めをします。

表面から見た出来上がり。今回は分かりやすいように目立つ色の糸を使いましたが、実際にまつり縫いをする時には、布の色に合わせた糸を選び、縫い目が目立たないようにします。

針と糸の選び方

今回のように手縫いをする時に、針と糸はどんなふうに選んでいるでしょうか。適した針と糸を使うと気持ちよく作業がはかどるので、一度おさらいをしておきましょう。

手縫い糸は、太さや素材がいろいろあるので、用途に合わせて使い分けます。しっかりとした綿糸はボタン付けに向いています。丈夫なポリエステル製の糸は万能で、今回のように裾をまつるのにも適しています。手縫い針には、さまざまな長さがありますが、自分が縫いやすいものを選ぶといいでしょう。

「大事なのは、布に対して相性のいい針と糸を選ぶこと」と石川さん。たとえば、厚手の布を縫う時に細い針を使うと、キツくてなかなか入らず力がいります。逆に、薄い生地に太い針を刺してしまうと、針のあとが布に残ってしまうことも。相性のいい組み合わせなら、ストレスなく作業が進みます。布の厚さや素材に合わせて「どんな針と糸がいいだろう」と、考えて選んでみましょう。それもまた、お裁縫を楽しむコツの1つです。

協力:石川ゆみ

2016年6月16日
文:加藤奈津子 写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

初めての裁縫の授業の時の針刺しは、確か母の手作りで・・中身は『髪文字』んじゅうねん・・私は使っています。針がいい状態でいる不思議な針刺し😊裁縫を始めようと思います😃

昔から裁縫が苦手でした。針で指を突いて血だらけになるし針目はバラバラだし..
そんな私も子供達にせがまれ、ぬいぐるみとその洋服を作るようになるなんて…
不器用なお母さんを応援するこんな動画があの頃あれば痛い思いもしなくて済んだのに(笑)

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「あこがれる」のその他の記事

C9e6c6a143943b0e05e7c8eec8ee4ae5d3c804dc5e6cef514df1a1660bf8288f

むつかしく ありません

じんわりと心にしみいるような、おいしいみそ汁がいただける毎日にあこがれます。
328186d6c7e6ed951f19204c738c48558861cd67e3f845ab70eec0186c466184

モン・サン ミシェルへ

モン・サン・ミッシェル名物、世界一のスフレ・オムレツを家庭で。
2845ef47ee28fc264fd833a53ecf66bbdf37297b0e8d44dddf7c8115fd1f1654

日本の 大切な味

日本の味。ぜひ覚えたい白和え衣の作り方です。

新着記事

C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。
E1ca91475735453525dc6cc67d56639fd8c4d1c4a129969ba86ea75b8cb76b8a

ふろふきは やさしい母の味

家庭料理の定番、ふろふき大根はこんなふうに。一口食べればからだがぽかぽかとあったまります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ