台所道具の手入れはこんなふうに

おそうじ当番

文・写真:松浦弥太郎 
文字サイズ

道具への感謝

食事をする時の心持ちに、五思という教えがあります。

第一は、この料理は誰がくださったかをしっかりと考えること。自分の働きからであれば、その仕事に感謝し、両親がくださったのであれば、両親への感謝というように。第二は、生産者への感謝の思いです。無駄にせずしっかりといただく心持ちを忘れずに。第三は、こうして今日も平和で、おいしく食事ができる社会への感謝の思い。第四は、自分はこんなにおいしい料理を食べることができ、今日も飢えることのない感謝の思い。世界には飢えに苦しむ人々がたくさんいます。第五は、料理という知恵から授かる、「おいしさという恵み」への感謝です。

というように、五思とは、五つの感謝なのです。この中のひとつかふたつでもよいので、料理や食事の際に、ちょっと思い巡らせてみてはいかがでしょうか。

感謝するべき点は他にもあります。料理に使う台所道具です。道具とは自分の手を立派に助けてくれるものです。料理を作るのを助けてくれる道具であれば、生身の人と同じように、大切に扱うべきではないでしょうか。汚れていればきれいにするべきですし、きれいであっても、磨いて、もっときれいにするというように、愛すること。そうすれば台所道具は、自分の料理をさらに助けてくれて、さらにおいしい料理が出来上がるでしょう。

日々の暮らしにおいて、台所道具の汚れを落とし、ピカピカに磨くには、何を使って、どうしたらよいのでしょうか。

道具は大切に

重曹をおすすめします

様々な汚れ落としに便利な重曹は、ぜひ備えておくとよいでしょう。

重曹とは、炭酸水素ナトリウムの粉末で、パンやお菓子作りの膨張剤の一種で「ふくらし粉」のことです。間違えやすいのですが、ベーキングパウダーとは、多少成分が異なります。口に入っても安全なこと、粒子が硬すぎないために研磨剤として適していること、酸を中和するため、脱臭効果に役立つことから、日々の掃除の際に、汚れ落としの洗剤代わりにとても便利です。

重曹は、油の汚れ落としに効果を発揮します。油と混ざることで油を浮かせる石鹸のような性質があるのです。基本的に油の汚れは酸化しているため、重曹によって中和させ、その汚れを取り除くことができるのです。

換気扇などのしつこい油汚れは、重曹と水(2:1)のペーストを作り、汚れ部分に塗り、ラップでしばらく湿布すると、驚くくらいに簡単に汚れが浮き上がり、きれいに掃除することができます。

鉄製の鍋は、強火で使い過ぎてしまうと、内側が焦げてしまい汚れがこびりついてしまいます。この汚れは普通の洗剤では、簡単に取り除くことができません。ゴシゴシとこすってしまうと、傷がついてしまいますので注意しましょう。こんなときこそ、重曹が活躍します。水を張った鍋に重曹を大サジ2杯ほど入れ、中火で沸騰させます。沸いたら、フタをして弱火で15分くらい煮ます。その後、火を止め、自然に冷ませば、こびりついた汚れが浮き上がり、スポンジで簡単に落とすことができるでしょう。

ぴかぴかになります

オーブンや電子レンジの内側といった洗剤で落としづらいちょっとしたこびりつきや汚れも、重曹をそのままスポンジにつけて、軽くこすればちょうど良い研磨剤となって、ぴかぴかになるでしょう。冷蔵庫の内側など、洗剤を使いたくない場所の汚れ落としも、重曹をおすすめします。

水100mlに対し、重曹小サジ1杯を混ぜた、重曹水を作ると、家中の掃除に役立ちます。脱臭効果がありますので、カーテンや匂いのついた洋服にスプレーすれば、酸性の匂いを中和させて取り除いてくれます。下駄箱や生ごみにもその効果は発揮します。もしくは、洗剤に重曹を混ぜても汚れ落としに効果的です。

困った時には重曹です

とはいうものの、弱アルカリ性の重曹は、タンパク質を分解しますので、濃い重曹水は手肌の荒れの可能性がありますので注意しましょう。

洗剤のように泡が出ませんが、重曹くらい優れた汚れ落としはありません。

日々の台所道具のお手入れにお役立てください。今日はおそうじ当番。

 

 

2015年7月20日
文・写真:松浦弥太郎 

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
3 件のコメント

五思。五つの感謝の言葉、すてきです。書き写して見えるところに貼っておきます。重曹は、本当に万能ですね。そして優しい。重曹大好きです。教えてくださってありがとうございます。感謝✨

年内最後の休日…家中の拭き掃除
バケツにぬるま湯と重層、お気に入りの香りを数滴…
スイートオレンジの香りを感じながら、家中ピカピカ

楽しいおそうじ当番でした^^

昨年孫が生まれ、身体に優しいものを取り入れるようになり、たどり着いたのが重曹です。医薬品扱いのものも入手し、入浴剤代わりに使っています。夏は体もサッパリするので、重宝しています。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「こころがける」のその他の記事

56f29be8b114643116ad9d9ccb1e1f8ab8db10c152b2d569f6532c428d94d6cb

とても いいこと

料理において材料を切ることは欠かせないことです。切り方は、何が大切なのかを考えました。
7ef822aba3271a865e81d89e93825b8608ad687af21c19a460b94a1917d68126

きちんと すること

箸の使い方と、ちょっとしたこころがけ。
C95bd2682b1bee3101f153ec0b017f24f71530569e370d79912bf482522e8ea3

乗り物の エチケット

知っておきたいマナーのあれこれ。くらしのきほんチャーミングスクール。

新着記事

C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。
E1ca91475735453525dc6cc67d56639fd8c4d1c4a129969ba86ea75b8cb76b8a

ふろふきは やさしい母の味

家庭料理の定番、ふろふき大根はこんなふうに。一口食べればからだがぽかぽかとあったまります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ