季節の草花を使って

押し花を
たのしむ

文:加藤奈津子 写真・動画:元家健吾
文字サイズ

紙の間に草花をはさみ、重しをのせて、待つこと1週間。植物の姿をそのまま閉じ込めた、押し花が出来上がります。押すことで、繊細な模様や形がくっきりと表れた草花は、まるで小さな芸術品のよう。色は鮮やかでも、退色してもアンティーク品のように雰囲気があり、どんなふうに仕上がるだろうと、出来上がりを待つのも楽しみです。

野に咲く季節の花や、旅先で見つけた葉っぱ、記念のブーケ。気に入った草花で、押し花を作ってみませんか。特別な道具がなくても、身近な材料で作れる方法をご紹介します。

花でも葉でも作れます

植物の中でも、もともと水分の少ないものは、乾燥が早く、押し花に向いています。花なら、紫陽花、パンジー、ヴィオラ、デイジー、クリスマスローズ、ポピーなど。クローバー、ハーブ、モミジなどの葉もおすすめです。好きな草花を使って、実験感覚で楽しんでみましょう。

準備するもの
好きな草花…適量
水分を吸収しやすい紙…新聞紙なら2日分、今回は半紙を30枚×2セット使用
ティッシュペーパー…適量
ダンボール…2枚(紙と同サイズ)
重しとなる厚めの本…2冊

*一度の押し花で使う紙の量は30枚(新聞紙であれば1日分)ですが、途中で紙を交換するため、もう30枚必要となります。

植物の水分を紙が吸収することによって、押し花が完成するため、紙はたっぷり用意します。ダンボールは、全体を平らに安定させる、クッション材としての役割を果たします。

花をカットします

押し花は、花だけで作っても、茎や葉を残しても素敵です。花だけにする場合は、茎がほぼ残らないように、付け根ぎりぎりに切り取ると、置いたときに安定して、きれいに開いた状態での押し花が作りやすくなります。

紙の上に並べます

紙(15枚)の上に、ティッシュペーパーを1枚のせ、その上に花を置きます。重ならないよう間隔をあけ、仕上がりをイメージして上向きに並べます。花の上にティッシュペーパーを1枚かぶせて、その上から手で花を1つずつ優しく押して広げ、花びらが開いた状態になるよう、整えます。上から、紙(15枚)をのせます。

重しをのせます

ダンボールの上にのせ、その上にもう1枚のダンボールをかぶせてはさみます。重しとして、分厚い本を2冊のせます。

3時間ほど経ったら、一度花の様子を見てみます。折れ曲がった花びらなどを手で直して形をととのえ、もう一度重しをします。花びらに汚れがつかないように、清潔な手で作業しましょう。

紙を交換します

1日経ったら、すべての紙とティッシュペーパーを取り替えます。湿った紙の状態のままにしておくと、乾燥が進まず、色があせるため、はじめの3〜4日は毎日紙を交換します。湿った紙は乾かして、また使うことができます。交換する際に、花の形を優しく整えるとよいでしょう。

いよいよ完成です

水分が完全に抜けてパリッと乾燥したら、でき上がり。手で触ってみると分かります。花の種類や大きさによりますが、だいたい1週間〜10日くらいで完成します。そっと取り出し、袋や箱の中に乾燥剤とともに入れて、日の当らない場所で保管しましょう。

便箋やカードに添えて

贈り物に添えるカードや、便箋に糊付けすれば、素敵な彩りに。その時々の草花で、季節のおすそ分けをしてみてはいかがでしょう。紙に貼って壁に飾ったり、図鑑のようにノートにまとめるのも、楽しいものです。

同じ紫陽花を使っても、生まれる表情はさまざま。見慣れた植物も、押し花にすると、また違った魅力が感じられます。

協力:増田由希子(f plus

2016年6月2日
文:加藤奈津子 写真・動画:元家健吾

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
4 件のコメント

ちょうど年賀状のデザインを考えていたところです!
今年は押し花にしてみようと思います(*´ω`*)
今から作れば、まだ間に合いそうなので♪♪♪

押し花。できあがりました。ありがとうございます♡。白いアジサイを10日間で40枚。茶色になったけどそのうち、5枚だけ白さが残ってお気に入りのができました♡。今はピンク色のを作っています。楽しみです♪

水色のアジサイを押し花にしてみました。ちょっと早かったのでしょうか、まだ、薄い水色のままです。このまま、写真立てに入れて楽しみます。ありがとうございました。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「あこがれる」のその他の記事

C9e6c6a143943b0e05e7c8eec8ee4ae5d3c804dc5e6cef514df1a1660bf8288f

むつかしく ありません

じんわりと心にしみいるような、おいしいみそ汁がいただける毎日にあこがれます。
328186d6c7e6ed951f19204c738c48558861cd67e3f845ab70eec0186c466184

モン・サン ミシェルへ

モン・サン・ミッシェル名物、世界一のスフレ・オムレツを家庭で。
6fd844a2bb33cfdba0f5ac6dd804afd97403952b5d60300313575574da043173

たのしい 裁縫 6

スカートやズボンなど、裾上げが美しく仕上がると嬉しいですね。きほんのまつり縫いを紹介します。

新着記事

C039863ec86136fd19d16309ec5c861a334f7ad90364e52cdae0ed41c7e7d3e4

クスクスでも つくりましょうか

クスクスに、レモンとしょうがのモロッコ風スープをたっぷりかけていただきます。
57728d2749866ee0776a0d672f8994f85c404f83af9915b41199bb0ef1d72381

こころが ぽかぽかになる

おいしい揚げ出し豆腐はダシ汁作りにあります。ふわふわ豆腐にダシ汁をかけて召し上がりください。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ