玉ねぎたっぷりでふわふわ

とっておきの
メンチカツ

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

揚げものは大変だからあまりしない。という方は多いと思います。けれども、揚げたてのフライ料理のおいしさっていったらありません。衣をつけること。揚げ油の後始末。このふたつがハードルですが、どちらも何度もやってみれば、あら、かんたん、と思うものです。今日はメンチカツをいかがでしょうか。途中までは作り方が、ハンバーグと一緒です。手づくりのおいしさを知ってしまうと、揚げものがきっと楽しくなるでしょう。

メンチカツのコツは、粘りが出るまでひき肉をしっかりこねること。そして、二度揚げすることです。今回はタネを丸めましたが、小判型でもよいでしょう。せん切りキャベツと一緒にいただきます。お弁当のおかずにもおすすめします。

材料(2人分)

合いびき肉…200g

玉ねぎ…1/2コ

パン粉…大サジ2杯

塩…小サジ1/2杯

黒コショー…ひとつまみ

揚げ油…適量

小麦粉…適量

パン粉…適量

溶き玉子…1コ

作り方

パン粉をしっかりつけるのもコツ。衣をつけずに焼けばハンバーグに。

1 玉ねぎをみじん切りにします。

2 ボウルに、合いびき肉と玉ねぎ、パン粉、塩を入れ、粘りが出るまでしっかり手でこねて、黒コショー少々を加えます。

3 タネを6つに分け、手で丸めて、キャッチボールをするようにして空気を抜きます。

4 タネにまんべんなく小麦粉をつけ、溶き玉子をくぐらせ、押さえるようにしてパン粉をしっかりつけます。

5 揚げ油を160度に熱し、温度が上がり過ぎないように調整しながら、5分ほど揚げて、一旦、揚げ油から取り出します。揚げ始めは、衣がはがれやすので、さわらないようにします。

6 そのまま3分ほど置いて、予熱で中身に火を通します。

7 最後に、火を少し強めた揚げ油にもう一度入れ、きつね色になるように10秒ほど揚げます。

8 お好みでソースをかけて召し上がりください。ソース2にケチャップ1の割合で作った手作りソースもおいしいでしょう。

冷めてもおいしいメンチカツをどうぞ
2016年5月9日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
4 件のコメント

子どもからのリクエスト。タネを丸めるところからパン粉をつけるところまでは、子どもも一緒に楽しめました。玉ねぎが甘くて、ふわふわサクサク、ソースはつけてもつけなくても、どちらも美味しかったです。丸い形は初めてでしたが、とても可愛いですね!

まんまるかわいくて、美味しくて大好きです。簡単シンプルなのに、家族が喜んでくれるからうれしいです。ほんとうにとっておきです。ありがとうございます。感謝。

メンチカツ…
このネーミング…
いつ聞いても何故か…
クスッ…

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「うれしい」のその他の記事

4f3c818bdebb6a377481f274942760338ef2874ebb0ff974fb94bc7c5875b843

つけたりのせたり はさんだり

叩いた梅干しに、かつおぶしをたっぷり混ぜて作る梅かつおはいかがでしょう。
D4a8c0f116bb7ef47dcc8dde03d5e00ba578676c9e9354bd863ebb70447c83ff

さっくり ふんわり

お菓子は、楽しみながらつくることが大切です。まずは、きほんのバニラクッキーから。手順をよくご覧ください。
92e7ada0512c68c216d47d6beadd6f27fd4f199c7993c56121481b1dbd36b294

おいしい あまから

OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに、基本のきんぴらについて教えていただきました。

新着記事

Dc4504d5fe744aea3a4523d82394560fad019a129a1bbdeaa73b7ae402c0e603

たのしい ごま酢あえ

春の柔らかなキャベツに歯ざわりの良いアスパラと絹さやを合わせ、ごまたっぷりの風味豊かな合わせ酢であえます。
C100699c392f67799a6710de7a38938a2b9e141a550d31eb8c23cbd09244d775

大好きな つくね

お弁当に、おつまみにと、甘辛いたれをからめた鶏つくねは、みんな大好きな味。年代問わず愛されるメニューは、大勢集まる日の一品にもおすすめです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ