きほんのケークサレ

ごはんになる
おかずケーキ

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

フランスの家庭料理のケーク・サレは、塩味のお惣菜ケーキです。パンを焼くのはなかなか大変ですが、ケーク・サレならかんたんです。たとえば、夜に焼いておいて、次の日の朝、切り分けて、さっとあたためれば、ちょっと洒落た朝食に。ケーク・サレを朝食やランチにいかがでしょう。

生地に混ぜる具は、残った野菜や、チーズ、ハムやベーコンなど、なんでも大丈夫。お弁当にもおすすめな、ごはんになるケーキを、ぜひお試し下さい。

材料(作りやすい量)

玉子…2コ

牛乳…80cc

薄力粉…140g

ベーキングパウダー…小サジ2杯

オリーブ油…大サジ2杯

塩…小サジ1/2杯

黒コショー…少々

お好みのチーズ(粗みじん切り)…50g

じゃがいも(短冊切り)…1コ

ベーコン(粗みじん切り)…50g

バター…適量

*型は横26センチ縦12センチのパウンドケーキ用を使いました。

具材の組み合わせは自由です。冷蔵庫に残っているものを活用しましょう。

作り方

1 ボウルに玉子を溶き、牛乳を混ぜてから、オリーブ油、チーズ、じゃがいも、ベーコンを加え、よく混ぜます。

2 別のボウルに、薄力粉とベーキングパウダー、塩、黒コショーを入れ、混ぜます。

3 1と2を、ヘラで混ぜ合わせます。

冷蔵庫で5日ほど保存できるので、ひとつ作っておくと何かと助かるケーク・サレです。

4 型の内側に、溶かしバターを塗って、薄力粉をまんべんなく振りかけます。

5 生地を型に入れて、トントンと型を上から下に落とし、生地の空気を抜き、180度に熱したオーブンで30分ほど焼いて出来上がりです。

焼いてから一日置くと、生地がなじんで、さらにおいしくなります。
2016年4月25日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
6 件のコメント

夜に作って焼いて、それを楽しみに寝て、次の日の朝に食べました。家にあるものでさっと作れて簡単で美味しくてとてもいいです!具材を変えて何回も作ってみたいレシピです!!

とってもシンプルなレシピで、定番に出来そうです。
今日は、ブラックオリーブと焼きマリネにして余っていたトマトとインゲン、サラミを入れてみました。お昼に食べるにはちょっとおつまみ感の強すぎる仕上がりになりました。ワインはぐっとこらえました。

cake salé、作ってみました。ステキなrecipeありがとうございます。クックパッドさんのポトフのrecipeの材料と共通の材料→ベーコン、ジャガイモとありましたので、助かりました。もちろん、美味しくできました。感謝申し上げます。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「うれしい」のその他の記事

4f3c818bdebb6a377481f274942760338ef2874ebb0ff974fb94bc7c5875b843

つけたりのせたり はさんだり

叩いた梅干しに、かつおぶしをたっぷり混ぜて作る梅かつおはいかがでしょう。
D4a8c0f116bb7ef47dcc8dde03d5e00ba578676c9e9354bd863ebb70447c83ff

さっくり ふんわり

お菓子は、楽しみながらつくることが大切です。まずは、きほんのバニラクッキーから。手順をよくご覧ください。
92e7ada0512c68c216d47d6beadd6f27fd4f199c7993c56121481b1dbd36b294

おいしい あまから

OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに、基本のきんぴらについて教えていただきました。

新着記事

7485620376dfe091416b44223ee17911808968c381611737323e6aeb7245a4a7

ちくちく裁縫 これさえあれば

ボタン付けやほつれた裾の補修など、裁縫する場面はさまざまあります。針や糸など、基本的な道具を改めておさらいしましょう。
07c05d04f62a8f4b5b278d668a17bb68b3384dc3b91c8b7f669ba0688474bd5d

ていねいに作る いちごのデザート

コップの底でつぶして作る、いちごのデザートはいかがでしょうか。そのまま食べても良いですし、アイスクリームやヨーグルトにかけてお楽しみください。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ