野菜|じゃがいも

食べ方と
洗い方8

写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

皮がパツンと、はじけるように張ったじゃがいも。そのままだと、甘くてみずみずしいのに、火を入れると、まったく別の野菜のように、ほっくりとなめらかな食感に変わるから、不思議です。くちどけの良さを楽しみましょう。

じゃがいもの味

じゃがいもには、さまざまな種類がありますが、男爵いもはホクホクと、メークインはねっとりと、きめの細かい食感を楽しむことが出来ます。じゃがいもに豊富に含まれるビタミンCは、骨や肌を丈夫に、美しく保ってくれるだけでなく、でんぷんに守られているので、加熱しても壊れにくいのが特徴です。

きほんの洗い方

じゃがいもは、皮にたくさんの栄養が含まれているので、皮ごといただきたいものです。ボウルに水を張り、5分ほど浸けておきます。こうすることで表面についた泥が柔らかくほぐれ、落としやすくなります。あとは、流水にさらしながら、手でやさしく落としてあげます。じゃがいもの芽には、ソラニンという有毒物質が含まれているので、芽が生えた場合はしっかり取り除くことが大切です。日にあたり、皮が緑がかっている場合も、厚めにむいてから調理しましょう。

じゃがいものソテー

材料(2人分)

じゃがいも…1コ

サラダ油…適量

作り方

1 じゃがいもを皮つきのまま、厚さ1センチほどに輪切りします。

2 フライパンに油をひき、中火で熱します。

3 じゃがいもを入れ、こんがりときつね色に焼き目がついたらひっくり返します。

4 フライパンにフタをし、弱火で4分ほど火を入れます。

5 器に盛り付けて、出来上がりです。

ステーキなどの付け合わせにしても、そのままおやつとしていただいてもよいでしょう。
2016年4月28日
写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

長崎産の新じゃがをお肉に添えてソテーにしました。ホクホクしててケチャップをつけていただいたらとっても、美味しかったです。ありがとうございました。ごちそうさまでした

ベーコンと合わせて焼いてみました。カリカリ、ホクホク。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「おさらい」のその他の記事

0ee67438cbe8ba61ee755d00a116d46be60c0fc65253ed079e79d07bc076d23b

手早く、 ていねいに

おいしいご飯を炊くために。白米のとぎ方をおさらいしましょう。
Df2b965340c7e7979e582da5d16980990d0d368316d6748066a449ccfb64602e

ワンツー ステップ

おいしいスパゲッティをいただくために、上手なゆで方についておさらいしておきましょう。
7631c8e4a0e0b98724a1113ef0617afa2a53e30483cd4efecd4bb675abb8e104

きほんの おひたし

おいしいおひたしが、こしらえられたらうれしいですね。OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに教えていただきました。

新着記事

273ef5c13d93acf02a2aab66351e0e75e95ad5d7bd9de8041abda87515602d05

夏のごちそう スイカサラダ

スイカの季節がやってきました。スイカを使ったさわやかなサラダを紹介しましょう。とってもかんたんでさっと作れる一皿。おもてなしにも喜ばれます。
27ac5ed5cb3b2f0261be2fd0a27647c627948eb00895e43be131482a7e1137c1

きゅうりたっぷり ヨーグルトソース

ギリシャ料理で使われる、さわやか味のザジキソースをご存知でしょうか。焼いた肉や魚、サラダにも使える簡単で万能なソースです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ