なみ縫いのおさらい

たのしい
裁縫 3

文:加藤奈津子 写真・動画:元家健吾
文字サイズ

チクチクと自在にお裁縫を楽しめるように、手縫いの基本をおさらいしましょう。ここでは家庭で気軽にできるやり方をご紹介します。まず最初は「なみ縫い」です。なみ縫いができれば、布と布を縫い合わせていろんな小物を作ることができます。好きな色の糸で、細かくなみ縫いをすれば、刺し子風の模様に。これがとてもかわいいのです。

3本のラインを縫うだけで、楽しい模様に。縫い目は少し不揃いにするのがかわいく仕上げるコツです。

まずは、シンプルなハンカチやフキンに、そんなステッチを施してみてはいかがでしょうか。布の上に自分だけの素敵な表情が生まれます。少しくらい曲がっても、それがいい味になるので、肩の力を抜いて楽しんでみましょう。

なみ縫いのおさらい

1 玉結びをして、布の裏から表に針を抜き、最後まで引き抜きます。布は、作業がしやすいよう、縫う箇所が上側に来るように持ちます。

2 表も裏も同じ針目で、まっすぐ縫います。針はひと針ずつ抜かずに、何針か縫い進めてから針を引き抜きます。等間隔に縫うときれいな縫い目に仕上がります。

3 必要な分だけ縫ったら、布の裏に針を引き抜き、縫い始めから縫い終わりの方向へ、指で糸の目をしごいて布のよれがないように整えます。

4 玉止めをします。

ステッチを平行に並べたり、交差させたり。絵を描くようになみ縫いで装飾を施してみましょう。

協力: 石川ゆみ

2016年3月31日
文:加藤奈津子 写真・動画:元家健吾

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「あこがれる」のその他の記事

C9e6c6a143943b0e05e7c8eec8ee4ae5d3c804dc5e6cef514df1a1660bf8288f

むつかしく ありません

じんわりと心にしみいるような、おいしいみそ汁がいただける毎日にあこがれます。
328186d6c7e6ed951f19204c738c48558861cd67e3f845ab70eec0186c466184

モン・サン ミシェルへ

モン・サン・ミッシェル名物、世界一のスフレ・オムレツを家庭で。
6fd844a2bb33cfdba0f5ac6dd804afd97403952b5d60300313575574da043173

たのしい 裁縫 6

スカートやズボンなど、裾上げが美しく仕上がると嬉しいですね。きほんのまつり縫いを紹介します。

新着記事

C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。
E1ca91475735453525dc6cc67d56639fd8c4d1c4a129969ba86ea75b8cb76b8a

ふろふきは やさしい母の味

家庭料理の定番、ふろふき大根はこんなふうに。一口食べればからだがぽかぽかとあったまります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ