パリで食べたフランス式ホットドッグ

パリの
アメリカ人

文・写真:松浦弥太郎
文字サイズ

ホットドッグといえば、アメリカの定番スナック。パンにはさんだフランクフルトにトマトケチャップとマスタードをたっぷりかけていただきます。そんなホットドッグもパリに行くと、トマトケチャップの代わりにチーズを使います。そんな洒落たおいしさが魅力のフランス式ホットドッグです。

まさにパリの粋なアメリカ人。カリッと焼けたバゲットに、ジューシーなフランクフルトがはさまって、バターとチーズと粒マスタードの風味がたまらなくおいしいのです。アメリカのホットドッグが好きな方でも、フランス式ホットドッグを一口食べると、そのおいしさに目を丸くするでしょう。「ワインを一杯」なんて言いたくなるでしょう。

バターとグリュイエールチーズと粒マスタードが、いかにもパリの味。

材料(2人分)

バゲット…適量

フランクフルト…2本

グリュイエールチーズ…60g

無塩バター…適量

粒マスタード…適量

作り方

作り方が簡単なのもホットドッグの魅力です。

1 バゲットを横半分に切り、フランクフルトをはさむ切り込みを入れ、バターを塗ります。

2 ボイルしたフランクフルトを切り込みにはさみ、削ったグリュイエールチーズをのせて、上に粒マスタードを塗り、もう一度、グリュイエールチーズをのせます。

グリュイエールチーズは1人分30gと、かなりたっぷりです。

3 魚焼きグリルもしくはオーブントースターで、2分ほど焼いて、出来上がり。

冷めてもおいしいホットドッグです。アルミホイルにくるんで、お弁当にしてもよいでしょう。

「フランス式ホットドッグ」のレシピをみる

2016年4月4日
文・写真:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
3 件のコメント

お友だちに食べてもらったら、これはおいしい!と何度も言って大喜びでした!とってもうれしかったです。ありがとうございました。感謝しています♡

本当に目を丸くするおいしさです。チーズは焼くとちょうどいい量でした。マスタードは調節しました。ワインと一緒におもてなし料理になりますね。しあわせレシピです。ありがとうございます。感謝。

ケチャップじゃなくて、チーズなんですね。
おいしそうです。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「ごほうび」のその他の記事

5f69383280aa5f88c2928d042534a1bf7f885b4f46fe628ce9d18fce8abb5b7d

とろりと あまいおやつ

とろみのついたホットチョコレートをおやつに。
6d4c9702992d4e9e76380c711f1504d0057ae30f68fcb2e4399bca5fca833941

うつくしさと おいしさ

ヨーグルトがおいしさの秘訣。絶品レアチーズケーキです。
2ecf2f2939fcf74fb904a82c065f9c8994bebe7d84c8d7adab105798936d048b

とろりと甘い 作りおき

おやつの作りおき。キャラメルソースはこんなにかんたんです。

新着記事

E2efeac130d7c06af810f21e7e613a65b550ae67e976536daedc549d17227f34

スペインふう サーモンの南蛮漬け

今夜の副菜に、サーモンのスペインふう南蛮漬けはいかがでしょうか。おべんとうのおかずにも、おつまみにもおいしくいただけます。
77f26591a141e5e5dd7439cf4287675d3124d9fae067a730a024b71c50c670d8

こころときめく オムライス

オムライスのおいしさは、チキンライスとふわふわオムレツのコンビネーションです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ