野菜|菜花

食べ方と
洗い方5

写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

春の訪れを告げる野菜のひとつ、菜花(なばな)。その名の通り、店先に並びはじめると、一気に心が春めきます。

耳なじみのよい「菜の花(なのはな)」は、小ぶりな花をひらかせる、アブラナ科の花全体を指します。その中で、私たちの食卓に多く並び、彩りを添えてくれるのが、食用に改良された「菜花」という品種です。いただける時期は短く、限られていますが、その儚ささえも、一緒に楽しみたいものです。

菜花の味

菜花は、独特のほろ苦さと、みずみずしい食感を楽しむ野菜です。火を通すことで、茎はほっくりと柔らかく、つぼみはふんわりとした食感になります。春は、環境が変わることが多いため、疲れがたまりやすくなります。春野菜に多く含まれる苦み成分は、体の中の老廃物を流してくれますので、ぜひ積極的に取り入れてみましょう。

きほんの洗い方

菜花は、葉の内側にほこりなどの汚れが溜まりやすいため、ボウルにたっぷりの水を張り、振り洗いをします。水に浸けすぎると、香りやうま味が落ちてしまいますので、短い時間でさっと洗うようにしましょう。根元の部分は、やさしくひらきながら、上から流水をかけると、きれいに汚れが落ちます。

菜花のおか上げ

おか上げとは、煮たりゆでた材料を、そのままザルに置いて冷やすことで、食材の栄養やうま味を逃さない、昔ながらの調理法です。

材料(2人分)

菜花・・・1束

塩・・・大サジ1/2杯

水・・・2L

作り方

1 鍋に、塩と水を入れ、沸騰させます。

2 菜花を入れ、中火にし、30秒ほどゆでます。

3 ザルに、菜箸を使ってひとつずつ並べて、水気をきります。このとき、菜花同士が重ならないように間隔をあけて置きます。

4 水気がきれ、粗熱が取れたら、器に盛り付けて出来上がりです。

口いっぱいに、甘みと柔らかい苦みが広がります。
2016年3月3日
写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「おさらい」のその他の記事

0ee67438cbe8ba61ee755d00a116d46be60c0fc65253ed079e79d07bc076d23b

手早く、 ていねいに

おいしいご飯を炊くために。白米のとぎ方をおさらいしましょう。
Df2b965340c7e7979e582da5d16980990d0d368316d6748066a449ccfb64602e

ワンツー ステップ

おいしいスパゲッティをいただくために、上手なゆで方についておさらいしておきましょう。
7631c8e4a0e0b98724a1113ef0617afa2a53e30483cd4efecd4bb675abb8e104

きほんの おひたし

おいしいおひたしが、こしらえられたらうれしいですね。OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに教えていただきました。

新着記事

4424d90239eb76f4ca7d239aa5c7b0b3a9ed61433273e1d213e53bf73d328eec

チーズたっぷり イタリアのおかゆ

スープを使わずにかんたんにできる、パルミジャーノチーズをたっぷり使ったリゾットはいかがでしょうか。
Cc3d8c1bb0a835d8dfadd1e26a1fd01066ef9a321984fe54764c0fe2e545c5cf

じっくり焼く フレンチのきほん

フランスの家庭料理の定番、そして人気の屋台料理でもある、じゃがいものガレットはいかがでしょうか。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ