コロッケはこんなふうに

勝ち残った
おいしさです

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

コロッケ作りはタネ作り。おいしいタネ作りが、コロッケ作りの楽しみです。さて今日はどんなタネを作りましょうか。

そのために、きほんのタネ作りのおさらいです。まずは、皮ごとゆでたじゃがいもと、玉ねぎのコロッケを作ってみましょう。きほんといえど、素朴なおいしさにびっくりするでしょう。試作を幾度も繰り返して勝ち残ったレシピを紹介します。ふわふわでサクサク、じゃがいもと玉ねぎの風味をたっぷり生かしたコロッケです。

ひき肉、コーン、ツナ、チーズ、アボカド、ライス、焼鮭など、きほんのタネに、お好みでいろいろな具を混ぜ合わせると、さらに楽しいコロッケ作り。かつお節やひじき煮もおすすめです。

材料

じゃがいも…3コ

玉ねぎ…1コ

牛乳…大サジ2杯

バター…小サジ1杯

塩、コショー…少々

小麦粉、溶き玉子、パン粉…適量

揚げ油…適量

やさしく丸めて、ていねいに衣をつけて、そっと揚げていきます。

作り方

1 じゃがいもをよく洗い、半分に切ります。

2 水から40分ほど、柔らかめにゆで、皮つきのまま、すりこ木で細かくつぶします。少しかたまりが残るくらいでやめます。

3 中火のフライパンにバターを入れ、みじん切りした玉ねぎを炒めます。

4 じゃがいもに炒めた玉ねぎを混ぜ合わせ、牛乳を少しずつ加えながら、木ベラで、さらに混ぜ、塩とコショーをひとつまみ加えます。

5 タネを成形します。まんまるにすると揚げるのが簡単です。お好みの大きさで。

6 タネに小麦粉をまぶし、溶き玉子、パン粉の順に、ていねいに衣をつけていきます。

7 鍋の揚げ油を170℃に熱し、タネを揚げていきます。最初は動かさずにおきます。

8 まんべんなく揚がるように返し、きつね色になったら、アミに上げて油をしっかり切って、出来上がりです。まずはそのままお召し上がりください。

*冷めたコロッケは、グリルやオーブンで温め直すと、サクサクになります。

じゃがいもと玉ねぎだけなのに、なんておいしいのでしょう!
2016年2月1日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

作ってみました。
美味しさにびっくりです。
今度は、ひじきや鰹節を入れてみよう!
ありがとうございました。

シンプルなものが一番美味しいのでしょうね。
鰹節に心惹かれました。作ってみよっと。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「たのしむ」のその他の記事

B4079f072f235c91e289207eee9f52e6a65eedcd9307c95548e3fff877a8ca55

おいしい餃子 2

餡を包んで、ゆでます。余ったら焼きます。
Abac4712ac6e8b83595711ad2940dad54f5efbd8e72457788f123b4b8128ab22

おいしい餃子 1

餃子は皮から作るとこんなにおいしい。
63c105860abc6a72bf799b9863f12a9f77ac535f26e050d521bc6079e3d5d476

気のきいた 酢のもの

OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに、基本の酢のものについて教えていただきました。

新着記事

83ea36d5604c8c8b4cd2c5e6d0ea02ec4b6a7b15582b039fd34c9acc87dfc4e7

あまくて さわやか夏野菜

トマトソースで夏野菜を煮込む、おいしいラタトゥイユはいかがでしょうか。ごはんにもパンにも合う一品です。
32ba76d98efcd6378301839070c47ee0652dd635b80e3b133d723a42b8c79541

イタリアの もりもりサラダ

もう一品あればいいなと思う時におすすめ。たっぷりもりもり食べるヘルシーサラダです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ