きほんのチャーハン

ぜひとも、
この通りに

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

チャーハンが大好きです。もっとチャーハンが大好きな友人が、おいしいチャーハンのレシピが知りたいと言いました。そんなきっかけでチャーハンのレシピ研究がスタートしました。あくまで「きほん」でありながら、巷のどんなチャーハンよりもおいしいチャーハンを作りたい。そんな思いをこめたレシピを紹介します。

味つけは、ほんのふたつまみの塩だけ。あとは、具材の味を生かします。香ばしく焼いたコーンと、ツナとねぎの風味が絶品です。ぜひアレンジせずに、この通りに一度お作りください。わが家の定番チャーハンにいかがでしょうか。

材料(2人分)

ご飯…320g(2杯分)

玉子…1コ

ホールコーン缶…60g

ツナ缶…50g

ねぎ…15g(10センチ)

塩…2つまみ

ホワイトペッパー…少々

サラダ油…大サジ2杯

*ホールコーン缶とツナ缶は残りますので、他の料理にお使い下さい。

作り方

1 コーン缶はしっかり水を切り、ツナもしっかり油を切っておきます。ねぎは細かくみじん切りします。

2 中火に温めたフライパンにサラダ油をひき、溶き玉子を入れて、すばやくかき混ぜます。

3 溶き玉子が固まったら、コーン、ツナ、ねぎを加え、混ぜながら炒めます。

4 ご飯を加え、切るように混ぜ合わせたら、塩をふたつまみ入れ、しっかり炒めます。

5 全体がよく混ざり合って、ご飯がぱらぱらになったら、火を止め、香りづけのホワイトペッパーを、ほんの少し振りかけて、出来上がりです。

2人分がおいしく作るコツです。最初の一口よりも最後の一口がおいしいチャーハンです。

「きほんのチャーハン」のレシピをみる

2016年1月22日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

わが家の定番メニューになりました。何度作ってもそのおいしさに本当にびっくりします。すべてが絶妙なバランスなのですね。きちんと計量して作っています。最高に絶品なチャーハンです。ありがとうございます。感謝!

シンプルなのに、しっかり味があって美味しいです。定番のチャーハンになりそうです。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「うれしい」のその他の記事

54925fa0644cb57f5529ce6584f620648e3c4bb4cd5175f89906c62e3cead889

ふだんの ごちそう

玉子焼きと一対一で向き合って、楽しくおしゃべりするように料理しましょう。
D4a8c0f116bb7ef47dcc8dde03d5e00ba578676c9e9354bd863ebb70447c83ff

さっくり ふんわり

お菓子は、楽しみながらつくることが大切です。まずは、きほんのバニラクッキーから。手順をよくご覧ください。
92e7ada0512c68c216d47d6beadd6f27fd4f199c7993c56121481b1dbd36b294

おいしい あまから

OKAPI BENTOの北岡佳奈さんに、基本のきんぴらについて教えていただきました。

新着記事

C0950ee29b534f2bb8e2872d35de509617135ab3ad2bfa639ed1bfdd0dc930da

美しくて 楽しいこと

便利すぎて、新しすぎる暮らしはあじけないものです。そこで思うのが「手に勝る道具なし」という言葉です。
E1ca91475735453525dc6cc67d56639fd8c4d1c4a129969ba86ea75b8cb76b8a

ふろふきは やさしい母の味

家庭料理の定番、ふろふき大根はこんなふうに。一口食べればからだがぽかぽかとあったまります。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ