ミネストローネはこんなふうに

あったかい
やさしさ

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

ミネストローネを食べると、いつもこう思うのです。疲れた体にやさしいなあ。体があたたまるなあ。今日はこういうスープが飲みたかったなあと。ミネストローネは、野菜をじっくり蒸しながら煮て、うま味をたっぷり引き出した、栄養満点の野菜スープです。ミネストローネを、はじめて自分で作ってみると、なんだか味気ないな、味が薄いな、と思う方が多いようですが、それで良いのです。ミネストローネは、くったりと煮込んだ野菜を、たっぷりいただく、野菜ダシのヘルシースープです。

材料(4人分)

鶏もも肉…80g(2センチ角に切る)

ファルファーレ…10コ

にんじん…1本(いちょう切り)

じゃがいも…1コ(半月切り)

玉ねぎ…1コ(1センチ角に切る)

キャベツ…200g(2センチ角に切る)

トマト…1コ(くし型に切る)

にんにく…1片(みじん切り)

無塩トマトジュース…800cc

白ワイン…80cc

オリーブ油…大サジ1杯

水…200cc

グリュイエールチーズ…適量

作り方

1 大きめの鍋に、オリーブ油を入れ、にんにくを強火でさっと炒めてから、鶏肉を加えて焼きます。

2 にんじん、じゃがいも、玉ねぎを入れて、玉ねぎの色が透明になるまで、しっかり炒めます。

3 白ワインを加え、中火で10分ほど、かき混ぜながら煮こみます。

3 水、キャベツ、トマト、ファルファーレを加え、中火で30分ほど煮込みます。

4 トマトジュースを加え、よく混ぜたら、塩を振って、味を整えます。

5 味のアクセントに、グリュイエールチーズを削ってふりかけます。

少し味がうすいかなと感じるかもしれませんが、よく味わえば、野菜の味が楽しめるのです。
2016年1月18日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
2 件のコメント

寒い日の朝食には、具だくさんのスープを用意します。一日の元気のもとになるミネストローネ、また作りたいと思います、。ごちそうさまでした。

今日、作りました。
大家族なので、倍量で作りました。
仕上げのチーズでコクがプラスされるのであった方がいいです。
おいしくできました。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「あたたまる」のその他の記事

2623e3f90bc686c8b482e8f7d6e20e469eaf90bb154ca70ab60980b6e7e456cc

ぽかぽか あったまる 4

冷えと疲れにおすすめ、アサリとしょうがのスープ。
9c20ec7eb19cda84b907cc869428631407cf11f678b75b44aff194a3d0282bb7

ひとくちで 元気もりもり 4

スペインの家庭料理、カレー風味のガーリックスープ「ソパ・デ・アホ」をご存知でしょうか。疲れたときや、風邪気味のときにおすすめの栄養満点スープです。
5c1e038a5176e31af2496fce8295cddc9ebbc8baab5fe34caab0b16b2427495b

アサリと サーモン 2

サーモンたっぷりの絶品クラムチャウダー。

新着記事

D3a7c4090b1f44672652225ec3bd8b77aaecd1b8c7476b2631cac78d46271292

育てるとは よく見ること 4

花を一輪買うように、苗を選んで、鉢で育てる喜びを味わいましょう。
Fcd8cd166fc3e9f93abb232c7726550b30ce1c78f44d2dc07c04522bac0638d4

やわらかいから 食べやすい 2

牛肉をやわらかく煮込んだロシアの家庭料理ビーフストロガノフ。味の決め手はサワークリーム。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ