ミネストローネはこんなふうに

あったかい
やさしさ

文・写真・動画:松浦弥太郎
文字サイズ

ミネストローネを食べると、いつもこう思うのです。疲れた体にやさしいなあ。体があたたまるなあ。今日はこういうスープが飲みたかったなあと。ミネストローネは、野菜をじっくり蒸しながら煮て、うま味をたっぷり引き出した、栄養満点の野菜スープです。ミネストローネを、はじめて自分で作ってみると、なんだか味気ないな、味が薄いな、と思う方が多いようですが、それで良いのです。ミネストローネは、くったりと煮込んだ野菜を、たっぷりいただく、野菜ダシのヘルシースープです。

材料(4人分)

鶏もも肉…80g(2センチ角に切る)

ファルファーレ…10コ

にんじん…1本(いちょう切り)

じゃがいも…1コ(半月切り)

玉ねぎ…1コ(1センチ角に切る)

キャベツ…200g(2センチ角に切る)

トマト…1コ(くし型に切る)

にんにく…1片(みじん切り)

無塩トマトジュース…800cc

白ワイン…80cc

オリーブ油…大サジ1杯

水…200cc

グリュイエールチーズ…適量

作り方

1 大きめの鍋に、オリーブ油を入れ、にんにくを強火でさっと炒めてから、鶏肉を加えて焼きます。

2 にんじん、じゃがいも、玉ねぎを入れて、玉ねぎの色が透明になるまで、しっかり炒めます。

3 白ワインを加え、中火で10分ほど、かき混ぜながら煮こみます。

3 水、キャベツ、トマト、ファルファーレを加え、中火で30分ほど煮込みます。

4 トマトジュースを加え、よく混ぜたら、塩を振って、味を整えます。

5 味のアクセントに、グリュイエールチーズを削ってふりかけます。

少し味がうすいかなと感じるかもしれませんが、よく味わえば、野菜の味が楽しめるのです。
2021年10月7日
文・写真・動画:松浦弥太郎

コメントを書く

あなたのコメントをみなさんとシェアしませんか。
3 件のコメント

おはようございます。白ワインが家にないなあ、とおもったのですが、松浦さんのレシピできちんと、そのスープをつくり、あじわいたいと思うので、白ワイン、買ってみようかなあと思います。

寒い日の朝食には、具だくさんのスープを用意します。一日の元気のもとになるミネストローネ、また作りたいと思います、。ごちそうさまでした。

今日、作りました。
大家族なので、倍量で作りました。
仕上げのチーズでコクがプラスされるのであった方がいいです。
おいしくできました。

この記事にお便りを送る

ご意見、ご感想などお聞かせください

カテゴリー

「あたたまる」のその他の記事

5c1e038a5176e31af2496fce8295cddc9ebbc8baab5fe34caab0b16b2427495b

アサリと サーモン 2

サーモンたっぷりの絶品クラムチャウダー。
C27defd9893289358d5612c3febe93c19b842cb773df6744a02ca1debae0e4c7

茶粥という しあわせ 2

心が喜ぶ、素朴でやさしい味の茶粥をこしらえましょう。
25e1e3b8316564e01b489d2a07e8df99047119730376c55584d0db39a7622048

あなたへ いつもありがとう 12

リンゴをカスタードふうの生地と一緒に焼き上げる冬のおやつ。おいしいアップルクラフティはいかがでしょうか。

新着記事

Fcd8cd166fc3e9f93abb232c7726550b30ce1c78f44d2dc07c04522bac0638d4

子どもも 大人もよろこぶ 2

牛肉をやわらかく煮込んだロシアの家庭料理ビーフストロガノフ。味の決め手はサワークリーム。
C7d21ab69e6282696da55ca27a5fd02994da9abfd1342ae87e286876b78729ee

子どもに 食べさせたいおやつ 4

食物繊維がたっぷりのりんごで作る、子どもに食べさせたいあまいおやつです。

人気記事

週間
月間
すべて
▲TOPへ